1. トップページ >
  2. 学校生活 > 生徒会活動 >
  3. Jicaを訪問しました。

Jicaを訪問しました。

2016年7月25日(月) ・26日(火)   

 ジャイカ関西を訪問しました。

7月25日(月)に1年生、26日(火)に2年2組の生徒が、それぞれJica関西を訪問しました。

7月25日(月)  1年1・2組の生徒(68人)

 Jica関西に現地集合し、まずJicaの概要や青年海外協力隊の活動、さらに開発途上国と日本の関わりについて説明を頂きました。つづいて、元青年海外協力隊員から、バングラディシュでの体験談をうかがいました。衣料品の染色による女性の自立支援についての貴重な話も聞くことができました。
 昼食にブラジル料理をいただいた後、資料室での書籍の閲覧や、民族衣装を体験しました。
その後、五色塚古墳見学を経て、マリンピア神戸でマーケティングに関する研修をしました。様々な施設の配置や、陳列方法、建物の外観を観察し、人を呼ぶには。モノを売るためにはどのような工夫が必要か考えました。

Jica関西 バングラデシュ学習

民族衣装体験 五色塚古墳

7月26日(火)  2年2組の生徒(24人)

 初めての現地集合、現地解散での訪問を体験しました。フィジーに青年海外協力隊で日本語教育のため2年間滞在したスタッフから、Jicaの概要、体験談などを聞き、非常に有意義な時間を過ごしました。1年生と同じく昼食にはブラジル料理をいただきました。シュラスコやガーリックライスが生徒には好評でした。

 その後、人と防災未来センターに行き、阪神淡路大震災の実映像や東北大地震の3D映像を見たり、元消防士の方から講話を聞いたりしました。生徒は改めて防災の大切さを実感したようです。講師の方の、“自分の命は、自分で守る”を普段から心がけでおくようにという言葉が、しっかりと生徒の心に刻まれたことと思います。

Jica 講話 昼食

人と防災未来センター