1. トップページ >
  2. 学校紹介 > 考えるを、学ぶ。教育理念 >
  3. 考えるを、学ぶ。教育理念

考えるを、学ぶ。教育理念

もう一歩先を行く、中高一貫教育の新たな選択。

東洋大学3つの柱

考えるを、学ぶ。

少子化が進み、大学全入時代を迎えたといわれる現在、中等教育の使命は大きく変化してきています。
大学に入学するための知識を教えるだけでは、もはや十分ではありません。
「確かな学力」とともに「豊かな人間力」を育むことで、主体的に考え、意欲をもって社会で力を発揮できる人材の育成が求められているのです。
東洋大学附属姫路中学校・高等学校では、「諸学の基礎は哲学にあり」という東洋大学の建学の理念を継承し、物事の本質に向かって、深く考える力を育てる「哲学教育」、語学力を高め、国内外の社会に貢献する人材を育てる「国際化」、大学入学から就職後までを見すえた「キャリア教育」の3つの柱に、6年間の中高一貫教育で、「確かな学力」と「豊かな人間力」をしっかり育みます。

哲学教育

ものごとの本質を追求するための「考える力」を育てます。

国際化

国際社会で求められる「自分の意見をはっきりと持ち、発信できる力」を育成します。

キャリア教育

社会人に必要な自立心を培い、「自らの進路を自分で考え、選択できる力」を育成します。

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア 先取り学習を可能にする 中高一貫の強み 一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境 グローバル人材を育成する 国際交流プログラム 入学試験結果 東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント