1. トップページ >
  2. 学校生活 > 学校生活 >
  3. よくあるご質問(Q&A)

よくあるご質問(Q&A)

Q1:中高一貫コースと既存の附属姫路高等学校のスーパー特進コース、特進コースと同じクラスになりますか。

A1:教育課程が異なりますので、中高一貫コースと他のコースが同じクラスになることはありません。
詳細はこちら

Q2:毎日の登下校時間はどのようになっていますか。

A2:8時15分までに登校して、8時45分まで朝の学習・読書を行った後、SHRを行います。月・水は6時限授業、火・木・金は7時限授業で、土は4時限授業です。月~金の完全下校は夏季18時00分、冬季の火・木・金は18時00分、月・水は17時30分で、土は17時00分です。

Q3:土曜日はどのように過ごしますか。

A2:土曜日4時限のうち、2時限は授業(教科)を行い、他の2時限は総合的な学習の時間で、キャリア・フロンティアの時間にあてています。

Q4:授業満足度について生徒からアンケートをとるそうですが。

A4:授業は、教員と生徒が一緒になって創り上げるものです。授業に取り組む姿勢を振り返るとともに、教員の授業に関する様々な側面について生徒の意見を聞くことで、より成果が上がる充実したものにしていきたいと考えています。

Q5:学習についていけなくなることはありませんか。

A5:特に心配されるのは数学、英語などの主要教科かと思いますが、これらの教科の一部は習熟度による少人数指導をし、それぞれが達している力に合った指導をしていきます。その際、小テストを繰り返し行って各到達目標に至るまで指導し、長期休業期間等に補習などをしますので、各教科の先生の指導に沿って学習を進めていれば心配はありません。

Q6:ホームルーム教室は中学と高校で分けているのですか。

A6:中学校は第1校舎(新校舎)の職員室と同じフロア(2階)に、高等学校は4・5階および第2校舎に配置しています。

Q7:クラブ活動はどの程度行うのですか。

A7:全員が何らかのクラブに所属することが原則です。勉学との両立を考慮して、活動する曜日は月・水・土を原則としていますが、中学3年生で引退することなく、6年間クラブ活動を継続して行えますので、取り組み方次第では技術を大きく向上させることも可能です。

Q8:図書館はどのように利用できるのですか。

A8:図書館内の閲覧時間は平日で16時20分まで、土曜日は12時50分までです。現在3万冊の蔵書があり、常に蔵書の入れ替えをしています

Q9:昼食は弁当持参と聞きましたが食堂は使えませんか。

A9:中学生は昼食指導がありますので原則として弁当の準備をお願いします。準備できない場合は、食堂で弁当を注文できます。

Q10:入試は何回ありますか。

A10:本校では前期、中期および後期の計3回実施いたします。なお、入試の詳細につきましては、9月頃に発表する募集要項で確認してください。
詳細はこちら

Q11:出願は郵送ですか。

A11:平成30年度入試からWeb出願に変更します。時間を気にせずに出願できます。

詳細はこちら

Q12:帰国子女入試はありますか。

A12:あります。
詳細はこちら

Q13:奨学金制度(いわゆる特待生制度)はありますか。

A13:あります。奨学金制度は、前期および中期の入学試験における合格者のうち、成績上位3名が本校に入学された場合、入学金を免除し、奨学金を給付します。 

Q14:制服は高校入学時にはどうなりますか。

A13:中高一貫コースの生徒は、高校進学後も、中学生と同じデザインの制服を着用します。ただし、ネクタイの色はかわります。

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア 先取り学習を可能にする 中高一貫の強み 一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境 グローバル人材を育成する 国際交流プログラム 入学試験結果 東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント