部活動

本校では、クラブ活動を「人間形成の場」と捉え重要視しています。
日々の練習やさまざまな人間関係を通じて、豊かな人間力を育みます。

高等学校既存の部活動に参加する部や、中学校顧問の指導で中学校単独で活動する部があります。
クラブ活動は全員参加を原則としています。週3日、顧問の先生の指導を仰ぎながら、クラブの運営方法なども学んでいきます。

※月・水・土の週3回放課後に実施
※月~金の完全下校は夏季18時00分、冬季17時30分、土は17時00分です。

在校生インタビューはこちら

運動部一覧

勝利至上主義ではなく、あくまでも肉体的・精神的調和のとれた人間形成の一環としてのクラブ活動をめざします。

写真をクリックすると各部の詳細ページが開きます。

テニス部 弓道部 ダンス部 陸上競技部 卓球部 バドミントン部 柔道部 剣道部 フットサル部 空手道部

文化部一覧

豊かな情操や友情を育む人間形成の場としての部活動をめざします。

写真をクリックすると各部の詳細ページが開きます。

 科学部 吹奏楽部 書道部 茶華道部 コンピュータ部 図書部 囲碁将棋部 新聞部 ESS部

在校生インタビュー

勉強から部活動への気持ちの切り替えが大切。

 陸上競技はタイムや記録という結果で決まりますが、それは努力の成果ともいえるもの。今は100m走を中心に練習に励んでいます。勉強をおろそかにすることなく、限られた時間の中で目標を達成するために大切なのは、気持ちの切り替え。目標は前年よりコンマ1秒でも速く走ることです。

楽しい雰囲気のなかで、演奏技術を高められます。

 担当しているアルトサックスは、メロディを吹くことが多く、注目度も高い楽器。ピアノの経験はありましたが、初めての管楽器で、1年で曲が吹けるようになりました。レパートリーが増えていく楽しさと、一人ひとりの音を重ねていく楽しさの両方があるのが、吹奏楽の一番の醍醐味だと思います。

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア 先取り学習を可能にする 中高一貫の強み 一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境 グローバル人材を育成する 国際交流プログラム 入学試験結果 東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント