1. トップページ >
  2. 教育活動 > キャリア・フロンティア >
  3. キャリア・フロンティア(アクティブ ラーニング)

キャリア・フロンティア(アクティブ ラーニング)

「物事の本質に向かって、深く考える力」を育成

プログラム詳細 年間計画

キャリア・フロンティアで身につく力のイメージ図

 「キャリア・フロンティア」とは、「物事の本質に向かって、深く考える力」を培う本校独自のアクティブラーニングの要素を取り入れたプログラムです。文章を書くという作業を中心にすえ、発表・討論等を通じてコミュニケーション能力を、課題研究等を通じて問題発見能力や課題解決能力の育成を図ります。

プログラム詳細

 プログラムの内容は、さまざまな分野の体験・探究活動に加えて、著名人による講演・講習会、そして「TOYO STUDY FESTA」の企画・運営など多岐にわたり、これらを「国際交流プログラム」や「作法指導」とリンクさせながら、新たな社会を牽引できる「豊かな人間力」の形成をめざしています。これは、文部科学省が推進している「アクティブ・ラーニング」そのものです。このプログラムを通じて育成される「情報収集力」、「情報編集力」、「情報発信力」は、難関国公立大学の入試で要求されるリテラシーでもあり、これらは「センター試験廃止」後の大学入試でも、いっそう重視されることになります。

中学1年 野外オリエンテーション、姫路研究・神戸研究、TOYO STUDY FESTA 中学2年 バイオテクノロジー入門、富士山の魅力、広島平和学習、弁論大会 中学3年 京都の伝統、数理探究、沖縄テーマ学習、海外語学研修に向けて 高校1年 バイオ・ナノ課題研究プロジェクト 高校2年 海外大学でのPBLプログラム、修了研究 キャリア教育 震災学習 作法指導 国際交流プログラム

中学1年 考えるための基盤となる学習スタイルを身につけます

 中学1年次に主眼が置かれているのは「考える力を育む」ための基礎・基盤をつくること。教えられることを覚えるという一通行的な学習スタイルから、自ら問題を発見し、疑問に感じたことを調べ、自分なりの考えや意見をまとめていく・・・。そのための学習スタイルを学んでいきます。

野外オリエンテーション

ボンファイヤーの様子

 自然の中での活動を通じて、学校生活の規律やマナーを学び、生徒相互の信頼関係を高めます。活動後は個人新聞を作成し、文章力・表現力の向上を図ります。

野外オリエンテーションの様子 学びを伝える個人新聞づくりの様子

姫路研究

姫路研究実地調査の様子

  自分たちが通学する「姫路」を調べることで、地域に対する理解を深めます。また、これからのキャリア・フロンティアの基礎となる調べ学習や発表の方法を学びます。

姫路研究発表の様子

海と神戸(神戸研究)

橋の科学館見学の様子

 兵庫県の県庁所在地であり、日本有数の海港都市「神戸」を調べることで、「姫路」から地域に対する理解を広げます。また「姫路研究」を通して身につけた調べ学習の方法を生かしながら、発表レポートのまとめ方を学びます。

 神戸研究事前学習の様子 神戸校外学習の様子

TOYO STUDY FESTA (総合学習発表会) 

行事紹介映像放映の様子

 キャリア・フロンティアを中心とした、1年間の学習やクラブ活動の成果を発表します。保護者や先生に自分たちの成長を伝えることで、生徒の自信も育まれます。

TOYO STUDY FESTAの様子

中学2年 構築した基礎をベースに考える力と発信力を積み重ねます

 自ら学ぶスタンスや自分なりの学習方法を確かなものとしていくのが2年次。さまざまなフィールドに赴き、実際を目の当たりにして、それをどう感じたか、詳しく調べた結果どうだったのか、そしてそれをどう人に伝えるのか・・・。考える力とともに発信していく力を養っていきます。

バイオテクノロジー入門

DNAの取り出し実験の様子

 近年の生命科学を支える技術についての理解を深めると同時に、さまざまな実験を行い、自ら探究する力を身につけます。大学の設備を使った実験や研究者の講演などを通じて、最先端の研究にもふれます。

バイオテクノロジー入門 研究発表の様子

富士山の魅力

練習発表の様子

 English Spring Campで訪れる富士山の魅力を調べ、英語を用いて発表することで、日本に対する理解を深め、英語コミュニケーション能力の向上を図ります。

富士山の魅力 英語プレゼン練習の様子

広島平和学習

平和祈念資料館見学の様子

 人類史上最初の被爆地である広島を訪れ、平和の尊さを学ぶとともに、調査・研究を通じて核廃絶に向けた人類の取り組みや現状を考察します。

広島平和学習の様子

弁論大会

弁論大会の様子

 自分の体験や見聞をもとに主張をまとめ、聞き手に情熱をもって伝える技量を高めます。

弁論大会の様子

中学3年 物事の本質を見極め、追求する人間力の完成をめざします

 これまでに積み重ねてきた基礎力をもとに、応用・発展させるのが3年次です。日本や世界の文化と出来事を知り、深く調べ、自分なりの意見をまとめ発信していく。同時に自らの将来を考え、希望する道を切り開くための力を身につけていく・・・。本質や真理を見極め、それに向かって進むための力を習得します。

京都の伝統(京都研究)

ポスターセッションの様子

 江戸時代の学問所「有斐斎弘道館」での伝統文化研修を軸に、京都に根づく伝統文化を調査し、文化を継承することの重要性や難しさや、調べた内容をポスターにまとめて発表する方法を学びます。

京都の伝統 ポスターセッションの様子 京都文化研修 有斐斎弘道館の訪問

数理探究

数理探求

 数学や物理分野での探究を深め、論理的な思考力を高め、理系のレポートの作成の手順を学びます。

数理探究の様子

沖縄テーマ学習(平和・文化・自然)

平和ディスカッションの様子

 修学旅行で訪れる沖縄(離島を含む)について、平和、自然、文化などそれぞれが関心のあるテーマを設定して、沖縄の独自性、多様性を中心に考察します。

沖縄テーマ学習の様子 沖縄修学旅行 大学生、留学生との平和ディスカッションなど

海外語学研修に向けて

事前学習の様子

 これまでに取り組んできたキャリア・フロンティアの内容のうち、地域研究に関わるものを英語に訳し、滞在先の家庭や相手校で発表できるように準備を進めます。

海外語学研修事前学習の様子

高校1年

バイオ・ナノ課題研究プロジェクト

発表の様子

 バイオ・ナノ分野において世界の最先端の研究が行われている東洋大学大学院のバイオ・ナノエレクトロニクス研究センターの指導を受け、生徒たちは5月から課題研究に取り組んできました。8月には埼玉県川越市にある同センターを訪れ、3日間にわたる実験、研究に参加。7種類の大型電子顕微鏡が1ヵ所にそろうなど世界にも類をみない施設と研究を誇る機関と連携し、高校生が最先端の実験、研究した成果を発表しました。各班の発表資料は英語で作成しました。

バイオ・ナノ発表会の様子 東京研修 東洋大学大学院連携による実験の様子

高校2年

東洋大学の海外協定大学でのPBLプログラム(課題解決型学習)

模擬授業の様子

 高校2年次に東洋大学の海外協定大学の1つであるカナダのThompson Rivers UniversityでPBLプログラム(課題解決型学習)を行います。

 2018年度の実施予定テーマは【「モザイクカナダ」を基盤としたカナダ移民政策の考察および世界の移民問題について】です。実施期間は2018年の8月6日(月)から8月21日(火)の16日間にわたります。PBLプログラムでは、問題点の抽出や解決策のブレスト、セルフリサーチ、解決策の検証、プレゼンテーションなどを英語で行う予定です。地元コミュニティ(フードバンクを予定)との交流なども予定しています。
海外大学による模擬授業、PBLプログラム説明の様子

キャリア教育

未来を考える、職業人講演会(中学1年)

内科医発表の様子

 多様な職業について調べたり、実際に企業人に話しを聞いたりして、働く意味と意義を正しく理解し、各自が自分の将来について具体的に考えるきっかけをつくります。調べた内容は、画像データを交えながらクラスで発表するため、クラスメイトの発表を通じてたくさんの職業について知る機会にもなっています。

職業調べ発表の様子 職業人講演会の様子 グローリー株式会社

親から学ぶ職業(中学2年)

質問している様子

 実際に保護者の話を聞くことで、働く意味と意義を正しく理解し、各自が自分の将来について具体的に考えるきっかけをつくります。

親から学ぶ職業 保護者による職業講演会の様子

大学での学び(講演)、自己理解と学問・職業・大学研究(中学3年)

講演会の様子

 東洋大学から講師を招き、大学とはどんなところなのか、国公立大学と私立大学の違いなどをレクチャー。実際に東洋大学のホームページで公開されている「Web体験授業」をもとに大学の授業を解説するほか、受験勉強に向けてのアドバイスなどにもふれ、進路への意識を高めていきます。

大学での学び講演会の様子 自己理解と学問・職業・大学研究の様子

文理選択に向けて~大学研究、進路講演会他~(高校1年)

面談の様子

 文理選択に向けて、自分の興味がある大学を比較し、A4用紙1枚にまとめます。また、教育コンサルト(元大手予備校東大・京大クラスチューター)の方を招いて、進学講演会を行います。そして、担任や中高一貫コース主任との面談をし、文理選択を決定していきます。

文理選択に向けて 面談の様子 進学講演会 文理選択と大学入試に向けて必要なこと 大学調べの様子

震災学習(中学1年、2年、3年)

講義の様子

 1年生では、阪神・淡路大震災を題材としたドラマを鑑賞。震災を生き抜いた人々の姿を通じ、災害に備えて自分はいま何をすべきか考えます。2年生では、防災に関する事前学習を行ったうえで、淡路の野島断層保存館を訪れ、被災の実態を学びます。3年生では、これまで学んできたことを土台として、講師を招いて防災や災害時ボランティアに関するワークショップを行い、災害時に自分が何をすべきなのかをより深く考えます。

1年次 「神戸新聞の7日間」鑑賞の様子 2年次 淡路野島断層見学等の様子 3年次 防災に関するワークショップの様子


キャリア・フロンティア年間計画

 下記をクリックすると詳細箇所に移動します。
中学1年中学2年中学3年
キャリア・フロンティアプログラム
野外オリエンテーション弁論大会京都の伝統
姫路研究バイオテクノロジー入門数理探究
海と神戸(神戸研究)広島平和学習沖縄テーマ学習
TOYO STUDY FESTA富士山の魅力海外語学研修にむけて
震災学習
映像教材鑑賞野島断層見学等防災に関するワークショップ
キャリア教育

未来を考える(職業調べ)、職業人講演会

親から学ぶ職業(保護者による職業講演会)大学で何を学ぶのか(講演)理系・文系とは?
作法指導 一般作法指導、華道、茶道、写経体験、テーブルマナー講習
国際交流プログラム
英語暗誦大会English Spring Camp海外語学研修

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア 先取り学習を可能にする 中高一貫の強み 一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境 グローバル人材を育成する 国際交流プログラム 入学試験結果 東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント