1. トップページ >
  2. 第3回入学式を挙行しました。

第3回入学式を挙行しました。

2016年4月9日

 第3回入学式を挙行いたしました。64名の新入生を迎え、開校してから初めて全学年がそろいました。

 閉式後はホームルームに分かれて、担任から抱負や中学校生活についての話、諸連絡等を行いました。在校生は校歌を紹介し、ホームルームにウェルカムボードを準備するなど、新入生を歓迎しました。

 「生徒と教職員が共に成長し続け、常に進化し続ける学校。保護者・地域のニーズに応えられる学校」を目指し、これからも地域の教育の発展に貢献してまいります。

ページ下部に「学校長式辞」一部抜粋と、「生徒代表誓いの言葉」一部抜粋を掲載しております。

入学式の様子 入学式の様子

校長式辞の様子 生徒代表誓いの言葉の様子

学校長式辞(左)と生徒代表誓いの言葉(右)の様子

ホームルームの様子 ホームルームでの様子

ホームルームでの様子(黒板の絵とお祝いのメッセージは在校生が書きました。)

在校生による校歌紹介の様子

2年生による校歌紹介の様子

学校長式辞 一部抜粋

 本校に入学することができたのは、皆さんの努力の賜物ではりますが、多くの方々の支えがあったからだとということを忘れず、「感謝の心」をもって、本校での中学校生活を歩み出してください。大きな夢をもち、常に何事にも挑戦する人であってください。何でも相談できる仲間や人生の先輩を多く作ってください。
 保護者の方へ一言お願いを申し上げます。私は、「教育」は「共育(ともいく)」だと思っています。お子さんを中心に学校と家庭が、教職員と保護者が共に育んでいくこと。お子さんへの教育を通して教職員も保護者も共に育っていくことがお子さんを大きく成長させるキーポイントだと、今までの教育実践を通して確信しています。学校と家庭が強い信頼関係で結ばれ、一体となって、子ども達の成長を見守っていけるよう、ご協力をお願いします。

生徒代表 誓いの言葉 一部抜粋

 中学校の校舎やグラウンドを見て、小学生の気分も一新し、いよいよ中学生だなという実感がわいてきました。受験勉強は大変でしたが、家族や周囲の方々の協力、自分自身の努力で入学することができました。この喜びを忘れることはありません。また、小学校を卒業して仲の良い友達や塾の仲間と別れるのはつらかったですが、新しく始まる中学校生活ではそれ以上の友達との出会いや学校生活が送れることに、今は期待と希望で胸がいっぱいです。私たちは、相手の立場に立って物事を考えられる心の広さを身につけ良き仲間として理解し合い、お互いに思いやりを持った生活が送れるようにしていきたいと思います。