1. トップページ >
  2. 学校生活 > 年間行事 >
  3. 気象警報発令時の対処について

気象警報発令時の対処について

気象警報発令時の対処

 姫路市に大雨・洪水・大雪・暴風・暴風雪警報のいずれかが発令された場合は、次のとおりとします。ただし、姫路市に発令されていなくても、居住地に発令されている場合は、午前6時・午前8時に同様の判断をしてください。

【登校前】

  • 午前6時の時点で警報が発令されている場合は、午前8時まで自宅待機とします。
  • 午前8時までに警報が解除された場合は、午前11時から3時間目の授業を行います。
  • 午前8時の時点で警報が発令中の場合は臨時休校とします。 

【登校後】  

  • 警報が発令された場合は、生徒の安全確保の観点から、学校待機または一斉下校の判断をその都度行います。その対応については本校HPと「はなまる連絡帳」にて保護者に連絡をします。

【土曜日】・【考査中】

  • 午前6時の時点で警報が発令中の場合は臨時休校とします。
  • 定期考査中に臨時休校となった場合、その日の考査は、考査最終日以降に組み入れて実施します。他の考査は予定通り実施します。

《注意事項》

  • 混乱が予想されますので、学校・学級担任への電話での問い合わせはご遠慮ください。

《判断基準を示す報道機関》

  • 市町単位まで発表する報道機関・・・NHK、インターネット(気象庁、海洋気象台、ウェザーニュ-スなど)
    *民間放送やインターネット(NTT、Yahoo天気、goo天気など)は市町単位までは報道されない場合があります。