1. トップページ >
  2. (中学2年)第4回一般作法講座「お客様のご案内」他

(中学2年)第4回一般作法講座「お客様のご案内」他

2017年11月9日(木)

一般作法指導の様子

 「キャリア・フロンティア」プログラムの一環として、講師の先生をお招きし、礼法に基づく一般作法講座を実施しました。

 今回の学習内容は「物に乗って心が通う」、「お客様のご案内」、「上座」について学習をしました。

 講師の先生からは、その時々に応じていろいろな意見がありますが、社会的視点を持って行動できるようになりましょう。また、所作に心が伴うので、相手に心が伝わるように心がけましょう。とお話がありました。

生徒の感想は最下段にあります。

講師の先生の話を聞いている様子とグループディスカッションの様子

講師の先生の話を聞いている様子 ディスカッションの様子

一般作法指導の様子 一般作法指導の様子

お茶をいただく所作を講師の先生に見せていただき、実際にしている様子

全ての所作は「右に始まり右に終わる」と教えていただきました。

先生の見本 生徒実践の様子

講座を受講した生徒の感想文(一部抜粋)

本日学んだこと

  • 品物や贈り物の渡し方。

  • お客様を案内するときのドアの開閉の仕方。

  • 目上の方よりも自分が入る時は必ず声をかけること。

  • ノックの回数について(トイレノックと通常ノックの回数の違い)

  • 食事などの時に座る位置(上座について)。

感想

  • 相手に一声、一言、添えるだけで相手の反応も、環境も変わる。それにより、誤解も解けることがあるかもしれない。私はこれから一声、小さいことでも心を込めて伝えていこうと思いました。

  • 「相手を気づかう」ということは、とても大切だということに気付きました。和室での座り方、物の渡し方など正しい行動、所作をし、どこに行っても「恥ずかしい」思いをしないよう、作法教室で教えていただいたことを、少しずつ実践し、確実に自分のものにしていきたいです。

  • 今回の作法教室では改めて作法を身につけることは大切だと感じました。しっかり作法をマスターして、ホームステイなどで海外に行ったときに「さすが日本人だ」と思ってもらえるよう頑張りたいと思います。

 

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア 先取り学習を可能にする 中高一貫の強み 一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境 グローバル人材を育成する 国際交流プログラム 入学試験結果 東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント