1. トップページ >
  2. (中学3年)「沖縄修学旅行」の1日目の夜と2日目の様子 大学生との平和ディスカッション、マリン体験他

(中学3年)「沖縄修学旅行」の1日目の夜と2日目の様子 大学生との平和ディスカッション、マリン体験他

2017年10月24日(火)、25日(水)

沖縄文化体験の様子

 2017年10月24日(火)から27日(金)にかけて、「沖縄修学旅行(本島、石垣島、西表島)」に参加する3年生の様子をお伝えします。修学旅行では、キャリア・フロンティアプログラムで学んできた戦争の悲惨さに対する認識を深め、平和の大切さを再認識します。また、沖縄の豊かな自然や歴史・伝統文化に直接触れ、さらに知見を広めていきます。

以下は修学旅行の様子です。 実施様子の写真はページ下部にあります。

別日の様子

1日目の夜

 夕食後、平和学習「大学生とのディスカッション」を行いました。スペイン・アフガニスタン・台湾の留学生3名と沖縄の大学生3名・スタッフ5名、計11名と交流し、違った背景を持った人たちと共に平和について深く考えました。最後に、各班代表が「自分が考える平和について」英語でスピーチしました。締めくくりに、アフガニスタンの学生から「今の日本の中学生がこれほど平和について深く考えていることに驚いた。」と称賛の言葉をいただきました。

夕食の様子

夕食の様子

大学生、留学生とのディスカッション等

平和ディスカッションの様子 平和ディスカッションの様子
平和ディスカッションの様子 平和ディスカッションの様子

2日目

 朝9時30分発の那覇発の飛行機で、石垣島に到着しました。そのまま「石垣やいま村」に直行しました。まず、昼食に沖縄名物「やいまそば御膳」をいただき、沖縄らしさを味わいました。
 その後は、沖縄文化体験というプログラムで、4グループに分かれて制作等の体験をしました。「シーサーの絵付け」には22名、「さーたーあんたぎー作り」には12名、「星砂アート」には13名、「三板(さんば)演奏」には6名が参加しました。

那覇空港から石垣へ

那覇空港出発 石垣空港到着

昼食(八重山そばなど)

昼食の様子 昼食の様子

やいま村体験学習(沖縄文化体験)

  「シーサーの絵付け」では、真っ白な土台のシーサーに各自が思い思いの色を用いてカラフルに色づけしていました。「さーたーあんたぎー作り」では、形こそ不揃いでしたが、香ばしく甘い匂いが漂っていました。「星砂アート」は細かい作業で、手先の器用さが要求され、皆一生懸命小さなデザインに取り組んでいました。「三板演奏」では三板という沖縄版カスタネットといわれている小型の打楽器の演奏を習いました。「おばあ」といわれる方の独特な話しぶりや雰囲気にも魅了されました。
 体験が終わると少しの時間、村内の自由散策をし、かわいいリスザルと触れあうなど、のどかな一時を過ごしました。

サーターアンダギー作り 星砂詰め体験
三板演奏体験 シーサーの絵付け体験リスざるとの触れあい

マリン体験 【バナナボート、シーカヤック、シュノーケル】

 やいま村で、思い思いに制作活動をし、村内散策をしながら沖縄の風土や文化に触れました。その後、石垣シーサイドホテルに向かいました。入館式を終えた後、早速、マリン体験を行いました。台風一過透明な爽やかな空気の中、美しく真っ青な海で、ウエットスーツに着替えた生徒たちは、ホテルのプライベートビーチでカヤック、バナナボートに興じました。また、船で沖合まで行き、シュノーケルを体験しました。最初は恐る恐る海に入る生徒もいましたが、徐々に笑顔となり、降り注ぐ太陽の光の下、どの生徒も生き生きと輝いていました。カメラマンさんのリクエストに応え、ユニークなアングルの写真を何枚も撮ってもらい、出来上がりが楽しみです。

シーカヤック シーカヤックシュノーケル体験練習 バナナボート砂浜でのひと時 砂浜でのひと時

次回のお知らせは10月26日(木)の19時頃の予定です。

別日の様子

学校紹介関連リンク

5分でわかる東洋大姫路中ってどんなとこ?

豊かな人間力を育む キャリア・フロンティア 先取り学習を可能にする 中高一貫の強み 一人ひとりの学力を伸ばす 少人数教育、学習環境 グローバル人材を育成する 国際交流プログラム 入学試験結果 東洋大学附属姫路中学校 10のアピールポイント