1. トップページ >
  2. (中学3年) 数理探究入門(統計学(平均から分散分析まで)

(中学3年) 数理探究入門(統計学(平均から分散分析まで)

2017年9月4日(月)

数理探求

 キャリア・フロンティアの一環として、「数理探究入門」と題し、課題研究に取り組む意義を理解し、研究概要や研究手法を実践的に学びました。先行研究の優秀作品から、理数系の研究のアプローチ、データ処理・分析の仕方を学びました。

ハンバーガーショップで学ぶ楽しい統計学(平均から分散分析まで)

 今回は、ハンバーガーショップで学ぶ楽しい統計学(平均から分散分析まで)を行いました。早稲田大学人間科学学術院・向後千春研究室の公式WEBサイトで公開されている教材を活用しました。ポテトの長さにについて、エクセルを使い平均を求めました。またデータのばらつきを目で見るために度数分布表を作成し、度数分布グラフも作成しました。さらに、データのばらつきを数値で表すため、分散と標準偏差を求めました。

 6月頃から数学の授業で分散や標準偏差を学習していたので、リンクする部分があり、実際にデータ処理と分析をすることで、さらに理解を深めました。この分野はセンター入試によく出題されているので、大学入試も見据えています。

教員がフォローに入りながら、教材を元に各自が自分のペースで学習していきます。
数理探求 数理探求

データのばらつきを数値で表すため、分散と標準偏差を求める過程です。
数理探求 数理探求

  幾何の授業で習った「資料の活用」を、実際にエクセルを使用して計算しました。初めてエクセルを使う生徒が多く、最初は苦戦している人もいました。知っている公式を用いることで、桁数の多い計算も一瞬で求められることに驚いている人もいました。