1. トップページ >
  2. (高校1年)東京研修【東洋大学大学院連携】実験と観察

(高校1年)東京研修【東洋大学大学院連携】実験と観察

2017年8月22日(火)

クリーンルームでの作業の様子

 「キャリア・フロンティア」プログラムの一環として、高校1年生が「課題研究・東京研修」に取り組んでいます。東洋大学大学院のバイオ・ナノエレクトロニクス研究センターに協力していただき、ナノスケールにおいて発現する現象を理解し、ナノ構造体の作成・観察・分析・解析などを行っています。今後は事後研究を行い、9月に本校で発表会を実施します。

前回までの様子はこちら

東洋大学 バイオ・ナノエレクトロニクス研究センターでの課題研究

 昨日に引き続き、川越キャンパスのナノ・バイオエレクトロニクスセンター(BNC)で、プロジェクトごとに分かれて、実験や観察をすすめています。

プロジェクト1 カーボンナノ構造体の合成・観察

 CVD装置(薄膜形成装置)を使用してカーボンナノウォールを作成しているところです。このあと作成したものをSEM(走査型電子顕微鏡)を使って観察します。

実験の様子 実験の様子

実験の様子 実験の様子

午前中に作成したカーボンナノウォールをSEMで観察しているところです。

実験の様子

プロジェクト2 磁場による磁性ナノ・マイクロ粒子の制御

 ナノ・マイクロ粒子にさまざまな磁場をかけて、その変化を観察しています。

実験の様子 実験の様子

実験の様子 実験の様子

プロジェクト3 細菌の電子顕微鏡解析

 TEM(透過型電子顕微鏡)を使って、体内に酸化鉄をつくったバクテリアを探して観察しました。写真の中の●が酸化鉄です。

実験の様子 実験の様子

実験の様子 実験の様子

プロジェクト4 細胞の共焦点蛍光顕微鏡解析

 顕微鏡を使ってガン細胞と正常細胞を観察し、比較しています。モニターに写っているのはガン細胞です。

実験の様子 実験の様子

実験の様子 実験の様子

プロジェクト5 細胞分析用マイクロ・デヴァイスの作製

 クリーンルームに入って、細胞分析用のマイクロ・デヴァイスの作成をすすめています。写真はSEM(走査型電子顕微鏡)の操作練習として500円玉を観察しているところです。

実験の様子 実験の様子

実験の様子 実験の様子

クリーンルームでの作業(基盤をシリコンに写しているところ)

実験の様子 実験の様子

実験の様子

 16時45分ごろに本日の研修を終え、ホテルに向かいました。夕食後は研修のまとめ学習と自学自習を行います。明日は実験・観察を終え、9月に行う発表に向けての指導を受けます。その後、東洋大学白山キャンパス見学ツアーを行います。