1. トップページ >
  2. (高校1年)第7回一般作法講座 「乗用車、列車における席次、エレベーターでの立ち位置」他

(高校1年)第7回一般作法講座 「乗用車、列車における席次、エレベーターでの立ち位置」他

2017年7月19日(水)

一般作法講座

 「キャリア・フロンティア」プログラムの一環として、講師の先生をお招きし、礼法に基づく一般作法講座を実施しました。

 今回の内容は、「病院にお見舞いへ行くときのマナー」、「乗用車における席次」、「エレベーターでの立ち位置」、「列車での席次」、「贈り物の渡し方」について学習しました。

 テーマについて生徒同士で意見を出し合い、いろんな意見を足し算して自分たちなりの答えを考えていました。

 講師の先生からは、「周囲の空気を読み、臨機応変に対応できるようになりましょう。そのためにはまず基本のマナーを知ることが大切です。配慮の問題に答えはないけれど、無知が無礼になってしまわないように気をつけましょう。」と先生が実際に体験した例を交えて講義していただき、相手の立場やその場の空気を理解することの大切さをわかりやすく説明していただきました。

生徒の感想文はこちら。

講師の先生の話を聞いている様子

一般作法講座 一般作法講座

グループディスカッションの様子

グループディスカッション グループディスカッション

「礼」の復習の様子

礼の復習 礼の復習

生徒の感想(一部抜粋)

抜粋

  • 礼法・マナーは社会人になってから直そうと思っても直せません。今回はプロの方から学べてよかったと思います。これからの人生に活かしていきたいです。
  • 普段からのいい習慣はここぞというときに役に立つことを実感しました。習慣をつけるには気持ちから変えていかなければならない。
  • マナーは理論的なものでなく、すごく実践的でTPOに合わせた対応ができないとダメなんだと思いました。
  • 席次は元々決まっているのではなく、場合と相手を考えて、その時々気をつけることが大切だと分かりました。