1. トップページ >
  2. 学校生活 > 学校生活 >
  3. 平成29年度対面式を行いました。

平成29年度対面式を行いました。

2016年4月11日(月)

対面式の様子

 対面式を行いました。新入生が2、3年生と一堂に会し、あいさつを交わしました。校長は、出会いをどうするかが今後の生き方につながることを、織田信長に仕えた豊臣秀吉と明智光秀の違いを例に出して話し、相手の短所ばかり見ずに、長所を認め相手を認めることを訴えました

 対面式は、生徒会長あいさつ新入生代表あいさつのあと、在校生から新入生へ鉢植え贈呈を行い、在校生が新入生を拍手で送りだして終了しました。

新入生代表あいさつ、生徒会長あいさつ、新入生への鉢植え贈呈の様子

新入生あいさつの様子 在校生あいさつの様子

生徒会長あいさつ

 4期生の皆様、ご入学おめでとうございます。
 皆さんは今どんな気持ちですか。新しく始まる生活に期待を寄せたり、不安を覚えたりしていると思います。ですが、これからどんなことがあっても挑戦する気持ちを忘れないでください。
 中学校では、部活動という活動が始まります。また、東洋大学附属附属姫路中学校では、キャリア・フロンティアがあるので、さまざまな研究や、茶道、華道、一般作法教室などの、小学校ではあまり経験しないようなことにもたくさん挑戦します。なので、初めはわからないことが多く、戸惑うこともあると思います。そんな時は、気軽に相談してきてください。

新入生代表あいさつ

 あたたかな春の訪れと共に、私たちは先日入学式を終え、東洋大学附属姫路中学校の4期生となりました。今日は私たち新入生のために、このような対面式の場を設けてくださりありがとうございます。
 新しい生活、新しい制服、新しい友達、何もかもが新鮮で、これから始まる学校生活をとても楽しみにしています。その反面、部活動と勉強のバランスはとれるのだろうか、勉強についていけるのだろうかと不安に思います。
 しかし、先輩方の希望に満ちあふれた顔を見て、勇気をもらい、少し不安が和らぎました。早く学校生活に慣れて、先輩方と共にがんばりたいです。
 私たちはまだまだ未熟で、分からないこともたくさんありますが、先生方や先輩方の教えを素直に聞き、新しい歴史を刻んでいけるよう、自分らしさを大切にしながら、がんばっていきます。
 私たち4期生を、どうぞよろしくお願いします。