1. トップページ >
  2. 教育活動 > 国際交流プログラム >
  3. (3学年)「オーストラリア海外語学研修」15日目~16日目

(3学年)「オーストラリア海外語学研修」15日目~16日目

2017年3月25日(土)~26日(日)

   シンガポールでの様子

 国際交流プログラムの一環として、中学校3年生が3月11日から3月26日にかけて海外ホームステイを行います。オーストラリアとニュージーランドに分かれて滞在し、現地での交流を通して、自国文化を発信し、異文化を受容する寛容さを養うことを目的としています。

 今回はオーストラリア班の様子をお伝えします。

前回までの様子は下記からご覧になれます。

(15日目) シンガポール空港での乗り継ぎ

 とうとうオーストラリアを出発する日となりました。アデレード空港に向かうバスの中でも、「帰りたくない!」という声が漏れます。ブライトン校の先生が空港へ見送りに来てくださいました。

シンガポール観光の様子

空港での乗り継ぎの時間を過ごす間、マーライオン公園、レストラン、ナイトサファリを楽しみました。

シンガポール観光の様子 シンガポール観光の様子

 生徒が最後に泊まったホテルのある、グレネルグです。

シンガポール観光の様子

 市役所と裁判所が一緒になっています。

シンガポール観光の様子 シンガポール観光の様子

シンガポール観光の様子 シンガポール観光の様子


 マーライオン公園を観光した後は、steam potという鍋料理(日本でいうとしゃぶしゃぶのようなもの)を食べました。

シンガポール観光の様子 シンガポール観光の様子

シンガポール観光の様子 シンガポール観光の様子

 一年中夏のような暑さの続くシンガポールですが、食事のときは熱いお茶が出ます。日本のように冷たいお茶は出てこないそうです。

シンガポール観光の様子 シンガポール観光の様子

シンガポール観光の様子

 最後に訪れたのが、ナイトサファリパーク。『世界初の夜だけ開園するサファリパーク』として、1994年5月26日に開業し、約1000頭の夜行性動物が生息しています。もちろん、檻はありません。この日は、トラムで約40分かけて園内をガイドの方が日本語で案内して下さいました。
 
絶滅危惧種のハイエナ、マレーバク、インドオオカミなどを始め、アジアライオン、シカ、ゾウなどを間近で見ることができ、生徒達も興奮していました。ナイトサファリのため、動物達のフラッシュ撮影は禁止されており、行った場合は罰金とカメラを没収されます。動物をモチーフにした雑貨や洋服などもあり、何人かお土産も買っていました。
 

(16日目) 帰国

帰国の様子

 予定通り、シンガポール時間で午前1:25発関西国際空港行きにのり、この日は機内泊でした。
 無事、関西国際空港に到着し、リムジンバスで予定より30分ほど早く姫路駅に到着しました。多くの保護者の方が迎えに来られている中、解散式を行いました。
 多少疲れは見られるものの、無事に約2週間の語学研修を終えることができました。

オーストラリアへ行く前は不安に思っていた人も、今回の語学研修を通して、英語力に自信が持てたのではないでしょうか。ブライトン校の先生方、ホストファミリー、ワラデール校の先生方に、多種多様なプログラムを組んでいただき、より充実した研修になったことを感謝しています。