1. トップページ >
  2. 平成28年度 1学期終業式を行いました。

平成28年度 1学期終業式を行いました。

2016年7月20日(水)

 校長は式辞の中で、人の気持ちや弱者の気持ちがわかる情緒力(直感力)が大切だということを、藤原正彦氏(数学者)の話しを紹介しながら説きました。終業式後、代表の生徒が「この1学期間を振り返って」という話しをしました。その後、「夏季休業中の学習について」「夏季休業中の生活について」担当の教員から話しがありました。また、英検準2級取得者の表彰伝達式が引き続き行われました。

校歌斉唱と校長式辞の様子

校歌斉唱の様子 校長式辞の様子

代表生徒「この1学期間を振り返って」の様子

 中学校で全学年が揃って新しいスタートを切ってから、3ヵ月が経ちました。そして1つ目の区切り、1学期が終わろうとしています。私たちはこの3ヵ月でどのように成長できたでしょうか。色々なことに挑戦できた人、うまくいかなかった人、あるいは、2学期に向けてすでに目標を立て、今まさに挑戦しようとしている人、それぞれの考えがあると思います。その考えの中で、自分が中高6年間でどういう位置にいるのかに目を向けてみること、少し先の事を見すえ、今を一生懸命頑張ることが将来の成功に続いていくのだと思います。まず、夏休みを迎えるにあたり、1学期の反省点を取り戻せるような目標を明確に持ち、計画、実行することが大切だと考えます。
 先日鑑賞した「ひめゆりの塔」では、私たちと同年代の学生達が戦争に協力しなければならない環境の中で、好きなことや勉強さえも出来ず、国のために戦っていました。そんな姿を見て、自分たちがとても恵まれた環境の中で、色々なことを自由にさせてもらっていること、そしてあたり前だと思っていたことに感謝するべきだということを学びました。
 このような経験を通して得た学びを生活や学習につなげていける力をつけ、中学校全体で成長していける1年にしましょう。

代表生徒の言葉の様子

英検準2級取得者の表彰、「夏季休業中の生活・学習について」の話の様子

英検準2級取得者表彰の様子 学習についての話しの様子