1. トップページ >
  2. (3学年) 京都の伝統(有斐斎弘道館を訪問)

(3学年) 京都の伝統(有斐斎弘道館を訪問)

2016年6月14日(火)

 「総合的な学習の時間」にキャリア・フロンティアの一環として、「京都の伝統」と題し、生徒各自がテーマにもとづいた調査を行っています。本日は京都の有斐斎弘道館を訪問しました。有職菓子御調進所老松当主、太田達さんに講師を務めていただき、弘道館、町屋の話、お茶席(表千家)、花街についてのお話を聞きました。また、今まで学んできた茶道を使い、茶席も行いました。さらに、上七軒にある「中里」から芸妓さん、「市」から舞妓さんに来ていただき、芸妓さんの三味線と舞妓さんの舞を観ました。弘道館の家の造りや太田さん、芸妓さん、舞妓さんによるお話も非常に興味深く、普段の生活ではなかなか触れることができない、本当に貴重な経験ができたと思います。現在、この京都研修での体験をもとに、各自のテーマを深め、7月28日の「京都の伝統」ポスターセッションに向け、発表の準備を進めているところです。

これまでの京都研究の様子はこちら↓

2016年5月14日(土) 京都研究(図書館とインターネットを用いた事前調べ学習)

2016年4月30日(土) 京都研究(調査内容説明、京都の伝統に係る映像鑑賞)

弘道館での有職菓子御調進所老松当主、太田達さんの講話の様子

弘道館 太田達の講話の様子

茶席と芸妓さんの三味線、舞妓さんの舞の鑑賞

茶会の様子 芸妓さんの三味線と舞妓さんの舞鑑賞の様子

昼休憩時の庭を見学している様子

昼食時の庭の見学 庭見学の様子

昼食は中村屋の助六

中村屋の助六