1. トップページ
  2. Research//研究
  3. 講師派遣
  4. 講師派遣取材記録【埼玉県松伏町】
MENU CLOSE

講師派遣取材記録【埼玉県松伏町】

  • English
  • 日本語

講師派遣取材記録

1

取材先

開催日時

平成26年9月18日(木) 10:05~11:45

講師

藤本 典裕(文学部 教授)

講演テーマ

F09 たかがアニメの教育学-サザエさん、ちびまる子ちゃん、クレヨンしんちゃん-

企画名

家庭教育講座

開催趣旨

家庭教育の向上と子育てに関する情報提供

団体

松伏町教育委員会

会場

松伏町役場 第2庁舎3階 301会議室

受講者層

30~40歳代

受講者数

29名

 

取材記録

松伏町教育委員会が主催し、PTA連合会が共催ということで、当日の講演会進行等は、松伏町内小中学校PTA教養・文化委員会の担当の保護者の方々が行いました。

毎年、松伏町は、子育てに関するテーマで家庭教育講座3回を開催しており、保護者の意見を聞きながら、テーマを選定しているとのこと。「小学生・中学生のママ達が選んだ保護者の皆様に聞いていただきたい保護者のための講座」と題し、第1回~3回までの講演会開催日時・テーマ・講師名を記載したチラシを作成し、学校を経由し全クラスに配付するとともに、町広報誌に掲載し受講者を募りました。

講演は、タイトルからも身近なアニメにみられる子育て方法を題材にし、先生ご自身の子育て体験を交えた非常に興味深い内容となりました。配布資料1.サザエさんとちびまる子ちゃんでは、サザエさんとちびまる子ちゃん一家の一家団欒の風景が並べて掲載され、家族の座っている場所(舟さんとサザエさんは台所に近い位置、まるちゃん一家は夫婦単位で並んでいる)やサザエさん宅では、子どもたちは座布団を敷いていないなど、戦後間もない家族の風景と核家族化が進んだ1970年代半ばの家族の風景の違いを見比べながら、家庭教育の違いを説明。2.理想の(?)核家族-クレヨンしんちゃんでは、比べない子育てやよその子を叱るなど、実は非常に考えさせられる内容が多く含まれていることを受講者に説明されました。3.子ども観・子育て観の変化 4.「~たち」という視点では、親は子供を支え守る必要があるが、成長していく段階で守る必要がなくなることが必要であるといったお話があり、保護者が、今後自身の子供を育てる上で、どれも非常に役立つ内容の講演でした。保護者の感想からも、子供の考え方、接し方など色々考えさせられたとの感想をいただき、講座に参加してよかったとの感想が多く、予想以上に興味深い内容だったので、周知方法を更に工夫することで、多くの方が受講するのではないかとの意見も寄せられていました。今回の講演を通じ、子供の基礎となる家庭教育の重要性について、新たな認識を持ち、子育てに当たられる保護者の方々が多いのではないかと思われます。 

主催者である松伏町からは、講師派遣事業は、今後も未来を担う子供達や保護者の支援のためにも是非、継続してもらいたい事業であるとのご意見をいただきました。

1  1