スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Welfare Society Design//大学院福祉社会デザイン研究科 >
  5. 福祉社会デザイン研究科の目的

福祉社会デザイン研究科の目的

  • English
  • 日本語

社会福祉学専攻

社会福祉学の原理・歴史・社会福祉の法制・政策の立案や実施、ソーシャルワークの基礎理論等を踏まえた社会福祉学の体系的・総合的な研究を基礎とし、現代社会が要請する諸課題に積極的に対応できる研究者・実務者の養成を行う。

博士前期課程

社会福祉のみならず他のディシプリンを学んだ人材、社会福祉の現場で専門職として指導的な役割を担っている人材に対して、社会福祉の視点、対象、方法、評価などに関わる一貫した教育を行い、研究・実践の両面で貢献できる人材を養成する。

博士後期課程

社会福祉の体系的な理論と方法を基礎とし、価値、制度、政策、運営、実践の諸分野における高度な研究を遂行できる人材を育成するとともに、社会福祉の現場で専門職として指導的な役割を担うことのできる人材を育成する。

福祉社会システム専攻

修士課程

新たな実践的社会学・社会福祉学の発展を志し、社会学と社会福祉学を中心とした学際的研究・教育を行い、福祉社会の形成に貢献する高度に専門的な実務者と研究者を養成する。

ヒューマンデザイン専攻

社会の要請に応え、子ども支援学、高齢者・障害者支援学および健康デザイン学の各コースを置き、それぞれの専門領域に関する学問研究を基礎として、学際的な教育研究を行うことを目指す。

博士前期課程

保育、福祉および健康増進の各分野において、課題を見出し、解決できる専門従事者の養成を図るとともに、博士後期課程において研究を行う能力を身につけるための基礎トレーニングを行う。

博士後期課程

各分野において独立した研究者もしくは教育者として活躍できる能力をもつ人物を養成することを目的とする。

人間環境デザイン専攻

デザイン学、建築学、機械工学、情報工学、生活学などの諸分野を融合し、現代における生活環境問題を的確に捉え、人類が求める環境デザインのゴールづくりとそのデザイン表現を具現化できる、総合的かつ専門性の高い実務者、研究者を養成する。

博士前期課程

建築・環境デザイン、道具・機器デザイン、製品・情報デザインの各分野で、問題点を総合的に捉え、解消案を提案・具現化できる専門知識と能力を身につけた実践的人材を養成する。

博士後期課程

人間環境デザイン学の新たな理論と実践方法を構築し、社会の各分野で指導的役割を果たすことのできる、高度な専門技術者、研究者、教育者を養成する。