スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Welfare Society Design//大学院福祉社会デザイン研究科 >
  5. 福祉社会デザイン研究科福祉社会システム専攻 主な研究テーマ

福祉社会デザイン研究科福祉社会システム専攻 主な研究テーマ

  • English
  • 日本語
福祉社会システム専攻
主な研究テーマ

先輩の研究テーマ紹介 (所属・内容は取材時のものです)

村上さん写真

修士になってから学びはじめた社会学は本当に楽しいことばかりです。
身近で起こる問題を社会学的に考えることができるようになったと思います。

福祉社会システム専攻 修士課程1年
村上 天悠さん

2017年度 修士論文・特定課題研究論文テーマ

「いのちの教育」の実践例に関する研究 ―看護学生が行う小学校の授業事例を通して
地域包括ケアシステムにおける都心の自治会・町内会の機能に関する考察
親となることにおける助産師・開業助産所の役割―妊娠期から産褥早期までの妊産婦の助産所利用者に焦点化して―
住民参加型在宅福祉サービスにおけるボランティア活動の意義とその継続要因~「ふきのとう」の実践から~
医療現場における対日外国人のための支援・医療通訳者の現状と課題
銃後研究の現象学的社会学的考察
一般事業所における精神障害者の継続雇用支援に関する研究
高齢者の地域居住において分譲マンションの「管理人」が果たす機能の現状と課題

 

2016年度 修士論文テーマ

職業選択過程にある若者のライフストーリー――「後期近代」がもたらす「むなしさ」の経験的プロセス
戦後日本の消費動向からみる格差の変遷――なぜ私は1粒300円のマカロンを買わないのか
高齢知的障害者の支援施設における看護師の役割

 

2015年度 修士論文テーマ

「介助者手足論」とは -運動的スローガンと介助実践-
戦後日本のポップカルチャーにおける平和観 ー平和ボケを通して
中国の精神衛生法における精神障害者の権利擁護に関する研究