スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. 学部・大学院 >
  3. 大学院 >
  4. 大学院社会学研究科 >
  5. 社会学研究科社会学専攻

社会学研究科社会学専攻

Course of Sociology
社会学専攻
現代社会の多様なテーマに、知識をもって立ち向かう


専攻長メッセージ

「現代社会の諸問題を研究する」  

山本先生写真

社会学専攻長

山本 須美子
Sumiko Yamamoto

教員紹介はこちら

博士前期課程では、「現代社会学コース」「社会文化共生学コース」「メディアコミュニケーション学コース」の3コースが設置されています。「現代社会学コース」には社会学理論、家族、文化、犯罪、都市、宗教、国際、教育などの分野が含まれます。「社会文化共生学コース」には環境、多文化共生、途上国の文化、などの問題が扱われます。そして「メディアコミュニケーション学コース」ではマスコミュニケーション論、情報社会学、ネットコミュニケーション論、メディア産業論、災害情報論などが含まれます。本研究科ではこのように現代社会の諸問題を広くカバーしていることが大きな特徴です。

学生は3コースのうち1つを選び、専門知識や高度な判断力を養いながら、修士論文を作成していきます。また同時に社会科学方法論や社会調査関連などの基礎科目を履修し、研究の基礎を固めます。

 

研究において重要なことは、研究テーマへの探求心を持ち続けることです。研究は試行錯誤の繰り返しといえますが、途中であきらめることなく研究を続けるには、自らが真に探求したいと思う研究テーマを設定することが必要です。そして、研究テーマを設定したら、先行研究を徹底的に調べた上で考察し、適切な研究方法が何であるかを見極め、資料収集や調査によってデータを集め分析します。最後にそれらを論理的に組み立て論文として構成し、集大成としての修士論文にまとめます。その過程では、論文指導に当たる先生方との面談を重ね、大学院の先輩・同輩のアドバイスを活用し、さらに専門学会や研究会での口頭発表や論文投稿にも積極的に挑戦して下さい。

 

博士後期課程では、前期課程での研究を踏まえ、さらに専門的な研究を進める研究者の養成が目指されます。博士論文の作成には多大なエネルギーと時間が必要ですが、テーマの選定から方法まで、きめ細やかな指導がなされます。また博士論文提出までには、学会での口頭発表や論文発表などのステップを踏む、システマティックな指導体制をとっています。

 

本研究科において学問に取り組む経験が、皆さんの人生にとって実りあるものとなることを期待しています。

概要

博士前期課程では、社会科学方法論や社会調査関連などの基礎科目のうえに「現代社会学コース」「社会文化共生学コース」「メディアコミュニケーション学コース」の3コースを設置。専門知識や高度な判断力を養います。
後期課程ではさらに専門的な研究を進める研究者の養成を目指します。

本専攻の社会調査関連項目は「専門社会調査士」資格科目の認定を受けており、また研究者を志す方にはティーチング・アシスタントや院生研究員のポストを考慮。
社会人のために、昼夜開講としているのも大きな特色です。

  • 入学定員:前期課程10名/後期課程3名
  • 開講時間:昼夜開講(昼間主)
  • キャンパス:白山
  • 社会人入試:前期課程・後期課程
  • 専修免許状:高校(公民)/中学(社会)
  • 学位:前期課程 修士(社会学)/後期課程 博士(社会学)
  • 外国人留学生入試:前期課程・後期課程
  • 教育訓練給付制度指定講座:前期課程