スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Sociology//大学院社会学研究科 >
  5. Overview of the Graduate School of Sociology//社会学研究科の概要

Overview of the Graduate School of Sociology//社会学研究科の概要

  • English
  • 日本語

Overview

The Graduate School of Sociology offers two programs: Sociology and Social Psychology. Both programs aim to provide students with knowledge and skills needed to solve various social problems. Students are offered effective training in theoretical and empirical research methods with opportunities to develop their own interests. We encourage students to make presentations at academic meetings and to submit articles for publication. This graduate school’s mission is to contribute to society by fostering excellent professionals and researchers and making numerous research achievements.

概要

本研究科は、社会学専攻と社会心理学専攻からなっています。
学祖井上円了は、「諸学の基礎は哲学にあり」と述べましたが、「社会の課題に自主的・主体的に取り組み、よき人間関係を築いていける人間を育成する」ことの重要性も説いていました。これはまさに社会学の課題だと言えます。「社会」についての学部より一歩進んだ知識や研究手法を身につけ、生活をより積極的に生きたいと思われる方、より主体的な社会人もしくは専門人として生きたいと思われる方は、社会学研究科博士前期課程に入学なさいませんか。また研究職につきたいと思われる方には、博士後期課程への進学もお奨めしています。
社会(国内外)での活躍を目指す学生・社会人・留学生の皆さんの入学を待っています。