スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Sociology//大学院社会学研究科 >
  5. 教員が語る大学院の魅力(社会心理学専攻 尾崎由佳 准教授)

教員が語る大学院の魅力(社会心理学専攻 尾崎由佳 准教授)

  • English
  • 日本語

研究仲間とつながることが、心の支えと励ましに

尾崎先生


Q.教員としてご自身の専門分野を踏まえ、「研究者として研究」することの意味とは?

 心理学の研究とは、ひとの心の「あたりまえ」に疑問を投げかけ、科学の力で挑んでいくこと

さっきまで笑っていたのに、急に怒り出したと思ったら、今はすっかり落ち込んでいる。いつも気を使っているようで、けっこうワガママ。引っ込み思案のはずなのに、人とのつながりを求めずにはいられない――人間の心のはたらきは複雑です。私たちは日常的にそんな人間のふるまいを目にしているし、それを「あたりまえ」として受け止めがちです。

しかし、そこにwhy?(なぜ)とhow?(どのように)という疑問を投げかけ、実験・調査・観察といった科学的手法を用いてその心理現象をひきおこす原因やプロセスについて明らかにしていくのが心理学者の仕事だと思っています。

 

Q.教員としてご自身が、研究者になった経緯をご紹介ください

 ひとの心を「実験する」ことの魅力にとりつかれて

学部入学時、心理カウンセラーになることを目指して心理学科を選んだのですが、心理実験に取り組みはじめ、こころを操作・測定するということの面白さと奥深さを知り、すっかり惹きこまれてしまいました。ひとの心という貴重なものを、こんなふうに解き明かすことができるのか・・・ということが当時の私には衝撃的で、あたかも秘密の宝箱をあけるカギを手にいれたような気分でした。もちろん、心理実験では何をやっても構わないというわけではなく、きちんと倫理的なガイドラインを守り、実験対象となる人たちへ配慮することは欠かせません。しかし、その制約のなかで工夫を凝らし、どうにかして人のこころの働きを「かいまみる」ことができたときのワクワク感にすっかり魅了され、研究者として生涯取り組んでいきたいと願うようになりました。

 

Q.教員としてご自身のご専門分野について、現在までにどんなテーマを研究されているのかご紹介ください

 「わたし」に関わるこころ――自分を知り、自分を動かす。

人と人とのかかわりあいの中で生じる心のはたらきについて明らかにするのが社会心理学です。私は、そのなかでも特に「自分自身とかかわりあう」ことに注目してきました。「自分がどのような人間であるかを知る」という働きを自己認知、「自分を(目標にむけて)動かし、変えていく」ことを自己制御と言います。いずれも、人間が社会のなかの一員として暮らし、自らの夢をかなえ、よい人生を送るために、必要不可欠な心のはたらきです。

しかしながら、だれもがそれを得意としているわけではありません。自らのありのままの姿を見据えることはとても難しく、自分自身に対して抱いているイメージにはたいてい何らかの歪みがあるものです。

また、目標に向かって頑張りたいと思っているのに、ついつい他の誘惑に負けてしまいがちです。なぜ(why)・どのようにして(how)そうなってしまうのか。そして、どうすればより良く自分を知り、適切に自分を動かすことができるのか。そういった問題意識のもとで研究を進めています。

 

Q.研究者として(またはご自身が大学院生の時に)、つらかったことや、嬉しかったことは?

 研究仲間とつながることが、心の支えと励ましに

大学院生のころは、研究がうまくいかなかったり、論文が書けなかったりして、思い悩むことがよくありました。研究者になれるのだろうか?という不安を抱くこともしょっちゅうでした。そんなときには、ほかの院生と顔をあわせる時間をなるべく作るようにして、研究相談から人生の悩みまで、いろいろと話し合いました。そこで情報を共有することで研究の進展につながる手がかりが得られることがたくさんありましたし、互いに励ましあうことで前向きな気持ちを保つことができました。当時の仲間とは現在も交流が続いており、大切な存在となっています。

いまでも研究で悩むことがあった場合には様々な人に助けを求めにいくので、それがきっかけとなって国内・国外にネットワークが広がり、彼らを訪ねにいくことが研究のインスピレーションの源、そして人生の楽しみのひとつにもなっています。

 

Q.大学院で学ぶことの魅力とは?

 選んだテーマを心ゆくまで極める場として

大学院では、学部よりも、自分の裁量で決められることが遥かに多くなり、どこにどのように時間と努力をかけていくかは自分次第。自ら選んだテーマを深く深く追究することができます。さらに、それを可能にする環境が整っています。整った設備や豊富な資料へのアクセスがあり、専門知識をもった教員のサポートが得られ、そして共に歩む仲間がいます。「やりたいこと」に没頭できる、人生最高のチャンスと言えるかもしれません。

 

Q.大学院で学びを考えている受験生にメッセージを一言お願いします

 受験前には、ぜひ研究室訪問を

大学院で学んでみたいと思ったら、ここは!と思う研究室を訪ねてみてください。実際に訪れてみることで、教員の指導スタイルや、研究室の雰囲気がわかります。所属している院生と直接話す機会があれば、もし自分がそこで学ぶことになったときのイメージがより明確になるでしょう。何よりも大切なチェックポイントは、自分が学びたいこと・追究したいことが、その研究室において実現できるのかということです。

もしわからないことがあれば、教員(もしくは院生)によく質問をして、疑問を解消しておきましょう。志望先を決定するための有力な手がかりになることはもちろん、「ここで学びたい」というモチベーションを高め、受験勉強にもプラスの効果をもたらしてくれると思います。

 


プロフィール

氏名: 尾崎 由佳(おざき ゆか)

経歴: 現在、東洋大学大学院社会学研究科社会学専攻 准教授

2002年 上智大学文学部卒業後、東京大学人文社会系研究科に入学

2010年 同研究科より博士号取得

東海大学にて講師として勤務後、2016年より東洋大学社会学部に所属

専門: 社会心理学

著書: 『社会心理学概論』(2016年、分筆)など

http://ris.toyo.ac.jp/profile/ja.a2cc3f430e87b3e73f22683b882e08e7.html

 


(掲載されている内容は2017年5月現在のものです)