スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Science and Engineering//大学院理工学研究科 >
  5. 理工学研究科の目的

理工学研究科の目的

  • English
  • 日本語

機能システム専攻

博士前期課程

機械融合分野における先端メカトロニクス関連領域と、機械科学分野における材料、基礎諸力学等にかかわる確かな見識と研究推進能力を修め、自発的な問題探索力とそれの解決・提案能力を備えた人材の育成を教育目標とする。

博士後期課程

機械融合分野における先端メカトロニクス関連領域と、機械科学分野における材料・基礎諸力学等にかかわる確かな見識と創造的な研究力を涵養するとともに、広範な視野を有し、問題設定・解決能力および異技術分野間の仲立ちとなり得るリーダー的資質を備えた人材の育成を教育目標とする。

生体医工学専攻

博士前期課程

生物科学分野における基礎領域と医工学分野の先端応用領域における知識と技術を修得し、問題設定・解決能力を備え、論理的思考とプレゼンテーションが行える人材の育成を教育目標とする。

博士後期課程

生物科学分野における基礎領域と医工学分野の先端応用領域における知識と創造的な研究能力を修得し、広い視野をもち、問題設定・解決能力およびリーダーシップを備えた人材の育成を教育目標とする。

電気電子情報専攻

博士前期課程

エネルギー・制御、エレクトロニクス、情報通信の各分野における確かな知識と研究能力を修得し、問題設定・解決能力を備えた人材の育成を教育目標とする。

博士後期課程

エネルギー・制御、エレクトロニクス、情報通信の各分野、あるいはそれらの境界領域や融合領域における高度な知識と創造的な研究能力を修得し、問題設定・解決能力および問題解決へ向けてのリーダーシップを備えた人材の育成を教育目標とする。

応用化学専攻

博士前期課程

広範な化学の基礎となる有機化学、無機化学、物理化学、分析化学をベースにした先端的材料の研究、開発や、生物化学、環境化学に立脚したセンサ技術の開発、エネルギー・環境問題などへの対応もできる、高度な専門性を有する人材を育成することを教育目標とする。

博士後期課程

先端材料、生物化学、環境化学などの広範な化学分野のテーマについて、哲学的思考と環境倫理観を備え、独自の視点に基づいた極めて高度な研究を独立して遂行できる人材の育成を教育目標としている。

都市環境デザイン専攻

博士前期課程

土木工学・環境学などの専門領域における確かな知識と研究能力を修得し、問題設定・解決能力を備えた人材の育成を教育目標とする。

建築学専攻

博士前期課程

建築学・都市工学・環境学の専門領域における先端の知識と技術、総合化する高度なプロデュース、デザイン、マネジメント能力を修得し、課題設定・解決能力を持ち、責任感と倫理観を備えた人材の育成を教育目標とする。

 

建築・都市デザイン専攻

博士後期課程

建築学・土木工学・都市工学・環境学などの専門領域における高度な知識と創造的、独創的な研究能力を修得し、関連専門分野を横断的に捉えながら課題設定・解決能力および課題解決へ向けてのリーダーシップを備えた人材を育成する。