スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Science and Engineering//大学院理工学研究科 >
  5. 先輩からのメッセージ(ブオン バオ ランさん)

先輩からのメッセージ(ブオン バオ ランさん)

  • English
  • 日本語

大学院で得た専門知識を活かして働き、日本や母国に貢献したい

掲載されている内容は2015年5月現在のものです。

ブオン バオ ラン氏

ブオン バオ ラン(VUONG BAO LAN)さん
ベトナム ハノイ出身。
2008年 ベトナムのハノイ土木大学環境学部水環境学科卒業。ベトナムで3年間勤務した後来日し、日本語学校に入学。
2014年4月 東洋大学大学院理工学研究科 都市環境デザイン専攻博士前期課程入学。
2015年度スーパーグローバル大学国費留学生に採用。

※東洋大学はスーパーグローバル大学創成支援(タイプB)の採択校。

Q.日本へ留学しようと思ったきっかけは?

私はもともと環境に関することに興味を持っており、ベトナムのハノイ土木大学卒業後、日系の土木関連会社で3年間、水処理システムの設計に関わる仕事などをしていました。当時、私は日本語が全くわからなかったので、職場の日本人エンジニアとは英語で会話していました。
現在のベトナムの状況は、いくつかの点において20年前の日本の状況と同じであると言われています。経済成長期の大量生産・大量消費に伴い廃棄物排出量が増加し、水や空気等の環境汚染問題が深刻になってきています。この課題を解決するために、環境改善技術が進んでいる日本へ留学し、処理システム技術や管理方法を学びたいと思うようになりました。

自分で作った海鮮丼(アルバイト先の和食屋の副店長に習いました)
自分で作った海鮮丼(アルバイト先の和食屋の副店長に習いました)

Q.東洋大学を選んだ理由を教えてください。

私は環境改善について研究することができる大学を探していました。九州、大阪、東京、埼玉にある大学でいくつか候補がありましたが、その中の一つが理工学研究科 都市環境デザイン専攻でした。連絡を取って先生と面談したとき、自分の研究したいことを研究することができると感じ、受験を決めました。

東洋大学川越キャンバスの桜木
東洋大学川越キャンバスの桜木

Q.大学院の魅力を教えてください。

大学院は専攻や研究内容によって、履修する授業や研究時間が異なってきます。自分でスケジュールを管理することができるため、研究や趣味等の活動においてバランスを取ることができます。自分のペースで進められることも、大学院の魅力の一つであると感じています。

富士山(江の島からの眺め~趣味の写真撮影~)
富士山(江の島からの眺め~趣味の写真撮影~)

Q.現在の研究テーマを教えてください。

研究テーマは「ベトナムに適した産業廃棄物のリサイクルシステムに関する研究-ベトナムと日本の比較を通じて-」です。
具体的には、まず、日本の産業廃棄物リサイクルシステムについて、処理方法や管理システム等を調査し、良い点や問題点を把握します。次に、ベトナムと日本の現在の状況(気候、産業、経済特徴など)を分析し、共通点と異なる点を把握します。日本で優れているとされている技術や制度が、ベトナムにおいても効果的かどうかを考察したうえで、ベトナムに適したリサイクルシステムを提案することを目的としています。

Q.研究室の雰囲気を教えてください。

村野准教授の研究室に所属しています。村野准教授には、研究や就職活動など、様々なことを1対1の個別で相談に乗っていただいています。的確なアドバイスをいただけるので、感謝しています。
同じ研究室に所属している日本人の学生とは日々の研究活動をするほかに、ゼミ合宿や飲み会活動をするなど仲が良く、大学生活を楽しく送っています。

研究室の仲間
研究室の仲間

同じ研究室の学部4年生と合宿をしたときの様子
同じ研究室の学部4年生と合宿をしたときの様子

Q.どんな奨学金を利用しましたか?

東洋大学には私費外国人留学生授業料減免制度があり、授業料が30%減免されます。2014年度には、一般財団法人上田記念財団の奨学生として採用され、奨学金をいただきました。
今年はスーパーグローバル大学国費留学生推薦枠で、国費留学生として採用されました。そのおかげで、アルバイトをする時間を減らし、研究により集中できるようになりましたし、趣味の充実にもつながっています。大学の中だけでなく、社会でも様々な知識や技が得られるのではないかと思うので、修了まで残りの一年間を無駄にしないように、もっと頑張りたいと思います。

Q. 将来の夢、修了後の予定を教えてください。

ベトナムと関わりのある日本の企業に就職したいと思っています。大学院で得た専門知識を活かして働くことで、日本や母国に貢献していけたらと考えています。

Q.今後、東洋大学大学院を目指そうとする人へメッセージをお願いします。

大学院で一番大切なことは、研究内容それ自体というより、研究方法や課題を解決するために必要な考え方を勉強することであると思います。そのような課題解決能力を身に付けることができると、将来更なる研究をする際や働くうえで役立つのではないでしょうか。

先輩からのメッセージトップへ