スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Q&A

Q&A

  • English
  • 日本語
文学・社会学・法学・経営学・経済学・国際地域学・福祉社会デザイン研究科
(その他の研究科については、該当研究科のQ&Aを参照してください)
Q1.在学年限について教えてください。
A1.大学院に在学できる年数は、博士前期(修士)課程は4年間、博士後期課程は6年間です。途中休学を挟む場合、休学した期間は含まれません。

Q2.休学はできますか。
A2.セメスタ制を採用している専攻では半年ごとの休学が可能です。休学の在籍料は半年で1万円です。セメスタ制でない専攻の場合は1年間単位での休学になり、在籍料は2万円です。休学中でも図書館など学内の施設が利用できますので、自分のペースで研究を続けることができます。

Q3.入学後の学費について、奨学金を利用できますか。
A3.本学ではさまざまな奨学金を紹介していますが、申し込み・手続きは入学後になります。詳しくは、入学後のガイダンスで説明します。日本学生支援機構奨学金については予約採用は行っておりません。4月に申し込むと貸与開始は7月となります。

Q4.授業の内容や研究の進め方などについて、詳しく聞きたいのですが。
A4.進学相談会(年2回開催)に参加いただくか、ご希望の教員にメールでお問合せください。教員のメールアドレスはHPでご確認いただくか、不明な場合は大学院教務課までお問合せください。

Q5.異分野からの出願ですが、授業についていけますか。
A5.異分野から入学された方もたくさんいらっしゃいます。そういう方こそ、明確な目的を持って出願してこられると思いますし、社会人になってから大学院に通う場合は、学部時代と全く違う分野に進まれるというのはよくあることです。そういった方をも考慮したカリキュラムを組んでおり、また大学院の授業は少人数制ですので、大きな教室で内容がわからないまま授業が進んでいくようなことはありません。

Q6.出願資格を確認したいのですが。
A6.本学の入試要項をご確認ください。(http://www.toyo.ac.jp/site/gs/93427.html)海外の高校・大学を卒業された方は事前審査が必要な場合がありますので、必ず事前に確認のうえ、出願してください。

Q7.3年制の大学を卒業し、日本語学校で日本語を勉強しているのですが、受験資格はありますか。
A7.「学校教育における16年の課程を修了した者および入学までに修了見込みであること」が出願資格となっています。16年に満たない場合は出願できません。ただし、16年の課程を修了していない場合も、出願資格の事前審査に申請することで、出願資格が認められる場合があります。