1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際学部(2017年度開設)
  5. 韓国大学生訪日団との国際学生シンポジウムを開催しました
MENU CLOSE

韓国大学生訪日団との国際学生シンポジウムを開催しました

  • English
  • 日本語

 国際学部・国際観光学部・国際地域学部では、2017年6月29日(木)に韓国大学生訪日団との国際学生シンポジウムを開催しました。当日は、公益財団法人 日韓文化交流基金から35名の韓国人学生(日本政府の推進する「対日理解促進交流プログラム「JENESYS2017」」として実施された訪日団)が東洋大学を訪問し、本学からは韓国留学を経験した学生や、韓国の文化に興味のある学生など、29名の学生が参加しました。
1 2
 オープニングセッションのあと、学生たちは4つの分科会に分かれ、各国の「就活(キャリア・デベロップメント」「少子高齢化問題と結婚事情」「多文化社会・多文化共生」「若者文化と世代間コミュニケーション」についてディスカッションを行いました。それぞれの分科会では、松丸亮教授、黄貞淵助教、子島進教授、村田由美恵講師の指導のもと、活発に意見交換が行われました。
3 4
 各チームは、それぞれの分科会で話し合われたことをまとめ、最後に全員の前で発表を行いました。それぞれのテーマについて、韓国と日本での捉え方・考え方の違いを学び、お互いの国の状況について深く考える時間を持つことができました。
5 6

【担当:黄貞淵助教からのコメント】

 日韓大学生シンポジウムは、今年で4年目の開催となりました。1日という短い時間ではありますが、日韓両国の大学生が抱える共通の課題を議論し、発表を行うなど、大変密度の高い交流の機会となっています。参加した学生からは、「これまで日本の学生と同じ悩みを話し合う機会はなかったので、大変有意義だった」、「いい刺激を受けた、早速韓国留学を検討したい」など、異文化への理解が深まった様子が見られました。
9