MENU CLOSE

代表者メッセージ

  • English
  • 日本語

国際学部代表者:教授 荒巻 俊也

01グローバリゼーションが進む国際社会において、紛争や貧困、経済、環境などさまざまな問題が複雑に絡み合いながら起こっています。このような問題の解決、改善に向けて、グローバルな視点から社会のさまざまなシステムに変革(イノベーション)を起こしていくことが求められています。さらに、このようなイノベーションを実際の地域社会に展開し、さまざまな地域の自律的な発展を図っていくことも重要です。

そこで東洋大学では「国際学部」を新設し、グローバルな視点から社会システムにイノベーションを起こしうる人材を育成する「グローバル・イノベーション学科」を新しく設置するとともに、17年にわたって“Think Globally, Act locally”をスローガンにさまざまな地域の自律的な発展に貢献する人材を育成してきた「国際地域学部国際地域学科」の教育研究機能を強化・発展させて「国際学部国際地域学科」とし、グローバルな社会におけるさまざまな課題に対して実践的な活動を展開できる人材の育成を始めることになりました。

この新しい学部で、志を同じくする仲間とともに積極的な学びを展開し、グローバル人財として社会にはばたいていくことを期待しています。

Message from Reginal Development Studies
Professor ARAMAKI, Toshiya

In our globalizing society, a variety of issues, such as economic, poverty-related, environmental, and conflict-related issues, are constantly emerging. For solving these global issues, there is a critical need for innovations in various social systems as well as the spread of these innovations to various regions across the world.

Our new school of “Global and Regional Studies (GRS)” aims to develop human resources that can play an active role in the dynamically changing global community at its two educational programs: “Global Innovation Studies (GIS)” and “Regional Development Studies (RDS)”, for creating innovations in social systems and developing them in local communities.

Welcome to GRS!!

Start your global career here, studying with friends from Japan and a various part of the world .

03