1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 学部・学科
  4. 国際学部(2017年度開設)
  5. 国際学部の概要//Educational and Research Aims
MENU CLOSE

国際学部の概要//Educational and Research Aims

  • English
  • 日本語

1. Aim in Human Resources Development

The Faculty of Global and Regional Studies aims to develop human resources with the ability to innovate on economic, social and various other systems based on their deep understanding of the relations between regional diversity and different global systems, and/or with the ability to contribute to the solution of problems and autonomous development in diverse regions, in the global society, where various challenges—economic problems, poverty, resource issues, environmental challenges, armed conflicts, and so on—continue to arise.

2. Educational Goal, or the Capabilities the Faculty Must Foster in Our Students

To foster practical human resources who can be active in the dynamically changing global society, the Faculty pursues the goal of expanding the following three kinds of capabilities in our students:
1) knowledge about various problems in the global society and diverse issues rooted in regional societies, history, lifestyles and values, and the ability to analyze such problems and issues;
2) practical language proficiency and communication skills that are useful in the environment of cross-cultural and multicultural encounters and necessary to leading actors in the global society; and
3) the practical ability to resolve challenges in regional societies, creativity for developing and promoting innovations, and leadership.

3. Other Educational and Research Aims

The Faculty aims to develop human resources who pursue research that can practically contribute to the solution of various problems in the global society by developing innovations in economic, social and other various systems from a top-down perspective, and by putting innovations into practice from a bottom-up perspective to achieve the autonomous development of diverse regions.

人材の養成に関する目的

国際学部においては、経済、貧困、資源、環境、紛争などさまざまな課題が新たに発生しているグローバルな社会において、地域の多様性とさまざまなグローバル・システムとの関連性の理解に基づいて、経済、社会などのさまざまなシステムに変革(イノベーション)を起こしうる人材、および多様な地域における課題解決と自律的な発展に貢献しうる人材の養成を目的にしている。

学生に修得させるべき能力等の教育目標

ダイナミックに変わりゆくグローバル社会において行動できる実践的な人材として、第一に、グローバル社会における諸問題や地域の社会、歴史、生活、価値観に根ざした諸問題に対する知識と、それらの諸問題を分析する能力、第二に国際社会を舞台に活躍するための異文化環境における実践的な語学力、コミュニケーション力、第三に地域社会における課題解決に向けた実践的能力、イノベーションを構想・推進していくための構想力、およびリーダーシップ能力、の3点を磨くことを教育目標としている。

その他の教育研究上の目的

トップダウン的な視点で経済、社会などさまざまなシステムのイノベーションを創出し、ボトムアップ的な視点で多様な地域の自律的な発展にむけてイノベーションを展開していくことにより、グローバル社会の諸課題の解決に、実践的に貢献していく人材の要請と研究の推進を目的としている。

 

国際学部グローバル・イノベーション学科の教育目的・教育目標

国際学部国際地域学科国際地域専攻の教育目的・教育目標

国際学部国際地域学科地域総合専攻の教育目的・教育目標