スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. 学部・大学院 >
  3. 大学院 >
  4. 大学院国際地域学研究科 >
  5. 国際地域学研究科国際地域学専攻

国際地域学研究科国際地域学専攻

Course of Regional Development Studies
国際地域学専攻
多様化していく国際問題の、その対応策を模索する

専攻長メッセージ

地域の多様な諸課題を解決できる人材を養成

okamoto

国際地域学専攻長

岡村 敏之
Toshiyuki Okamura

教員紹介はこちら

 21世紀に入り、特にアジアやアフリカの途上国の経済発展は目覚ましいものがあります。紛争や貧困といった従来の途上国のイメージとは異なるダイナミックな姿もまた、途上国を象徴しているといえます。さらに、先進国と途上国との関係も、搾取する側とされる側、援助する側とされる側といった関係から、共に協力して歩む関係へと着実に変化しつつあります。このように多様化する世界で、現場に入って地域の様々な課題に取り組みたいという志をもった皆さんを、本専攻は歓迎します。
 本専攻は、経済学/社会学/工学/農学/政治学/人類学などの専門分野をベースとして、地域の諸課題を現場で解決し、地域の魅力をさらに磨きあげることができる専門性を持った人材の育成を行っています。まちづくりや地域発展に関連するフィールドを対象とする者が多く、実践的な国際協力や都市・農村開発、国内外の地域発展のために、環境との調和を図りながら地域の特性を活かした「地域づくり」とその持続的な発展の実現を目指しています。
 国境を越えたボーダーレスな現代社会では、特定のあるフィールドだけに精通しているだけでは、地域の現場で活躍できる人材としては不十分です。本専攻は、特定の国や地域のみを対象とするのではなく、先進国と途上国、日本国内と国外、都市部と農村部など、あらゆる地域の諸課題を対象としています。学生のみなさんには、現場に入ったスタディを重視しつつ、研究を進めていくなかで特定の現場を越えた普遍的な専門性を身につけていただきたいと思います。本専攻には、そのような研究ニーズに応えられる教員が数多く在籍しています。
 「地域づくり」は、「真っ白なカンバスに自由に絵を描く」ようなものではありません。また、地域の諸課題の解決策に、いわゆる「一発逆転ホームラン」や「切り札」は存在しません。目前に山積する問題を受けとめて、これまでの経緯や地域の文化などを尊重しながら、絡まった紐をほぐしていくように、着実にひとつずつ成果を積み上げていくことが求められます。そのような「現場力」のある「専門性」の獲得を目指す皆さんの参画を大いに歓迎します。

概要

21世紀に入り、グローバル化により生じる開発、貿易、環境などの諸問題に対応できる高度な専門知識を持った人材が渇望される中、国際機関でも人材募集に際して博士号の取得が求められるなど、その傾向はますます強まってきています。
こうした動向を踏まえ、国際機関、国際開発ビジネス、国内関係分野において有用な役割を果たす人材の育成を目指して開設されたのが本専攻です。
新しい社会の発展を積極的に担う勇気と活力を備え、好奇心あふれた人々に期待し、その参画を大いに歓迎します。

  • 入学定員:前期課程15名/後期課程5名
  • 開講時間:昼夜開講
  • キャンパス:白山
  • 社会人入試:前期課程・後期課程
  • 学位:前期課程 修士(国際地域学)/後期課程 博士(国際地域学)