スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Regional Development Studies//大学院国際地域学研究科 >
  5. 国際地域学研究科の目的

国際地域学研究科の目的

  • English
  • 日本語

国際地域学専攻

国内外における地域づくりにかかわる諸問題の解決のために、国際的に通用する高度な専門的知識を有する専門家や研究者を養成することを目的とする。

博士前期課程

研究能力又はこれに加えて高度の専門的な職業を担うための卓越した能力を培う。

博士後期課程

研究者として自立して研究活動を行うに足る高度の研究能力とその基礎となる豊かな学識を養う。

国際観光学専攻

博士前期課程

国際観光の発展のために、高度な専門業務に必要な研究能力およびその基礎となる豊かな学識をもち、かつ国際的な感覚を身につけた専門家や研究者を養成することを目的とし、国内外の観光関係の実務担当可能な人材を育てることを目指して内外の学生を幅ひろく受け入れるとともに、観光関係の業務にたずさわってきた社会人のリフレッシュ教育を推進する。

博士後期課程 〔2011年4月新設〕

国際観光学を専門とする大学教員・研究者を輩出するとともに、学位(博士・国際観光学)を有し、国内外の産業界において独創的な役割を果たす人材の育成を図る。