1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 法科大学院
  4. 法科大学院の教育方針(3つのポリシー)

法科大学院の教育方針(3つのポリシー)

  • English
  • 日本語

ディプロマポリシー

 東洋大学専門職大学院は、建学の精神に則り、学術の理論及び応用を教授研究し、高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培うことを目的とします。
 東洋大学法科大学院は、法曹養成のための専門職大学院です。そのため、「法務博士(専門職)」の学位は、次のような条件を備えた者に授与されます。すなわち、本法科大学院の教育理念である、社会に生起する種々の問題に対し広い関心と人権感覚を持ち、『国民の社会生活上の医師』として社会に貢献する活動をすることができる能力、さらに、それを基礎として、自己の専門分野を確立する能力及び新たな課題へ挑戦する能力を修得した者に「法務博士(専門職)」の学位を授与します。

カリキュラムポリシー

 本法科大学院は、ディプロマポリシーに示された法曹として必要な能力を育成するために法理論教育を中心としつつ実務教育の導入部分をも併せて実施することとし、理論と実務の架橋を強く意識した教育を行います。そのために必要な授業科目を開設し、体系的に教育課程を編成します。

  1. 法律基本科目群
     1年次の法律基本科目群は、法学未修者に法律学の基本的知識を修得させるための導入科目群であり、基本的な理念・構造・制度・判例を実務的な観点をも含めて修得させることを目的に開講します。
     2年次の法律基本科目群は、1年次で修得した法律に関する基本的知識の応用力を養い、事案分析を通して法的議論能力、表現能力、コミュニケーション能力を修得させることを目的に開講します。
     3年次の法律基本科目群は、事案解決の訓練を通して、2年次までに修得した法的議論能力等を展開させることを目的に開講します。
  2. 法律実務基礎科目群
     法律実務基礎科目群は、法律に関する実務において必要とされる法適用能力、問題解決能力、表現能力および専門技術を修得させ、これらを高めるための科目群です。
  3. 基礎法学・隣接科目群
     基礎法学・隣接科目群は、法律学の基礎を固め、さらに履修者自身の適性を探り、将来の専門法曹の基盤を作るための科目群です。
  4. 展開・先端科目群
     展開・先端科目群は、社会に生起する現代的な課題を中心に、法律学及びその隣接領域を実務的な観点を踏まえて修得するための科目群であり、特に、本法科大学院では、学生が自己の専門分野を確立できるように種々の科目を配置します。また、現代の複雑化した社会での個々の法的紛争について事実の分析能力や法的分析能力、さらには解決能力を修得させることを目的に開講します。

 この教育課程により、法曹に求められる「法的知識」、「事案分析力」、「法適用能力」、「論理的構成力」及び「文章表現力」を総合的に向上、発展させることができます。

(参考)アドミッションポリシー 

※平成28年度以降、学生募集を停止します

 本法科大学院では、高い人権意識、責任感及び倫理観を有する学生に入学してほしいと考えています。本学への入学の意思が明確で、教育理念・教育目標を理解し、法科大学院の教育課程を経て、ディプロマポリシーに示した法曹として活動する心構えを持つ学生を募集します。