法科大学院の特色

  • English
  • 日本語

東洋大学法科大学院の特徴

東洋大学法科大学院では、法曹として活躍するのにふさわしい基礎的かつ体系的な学識を修得したうえで、明敏な判断力・柔軟な応用力・国際的な視野を養い、さらに高度な倫理観と幅広く豊かな人間性をそなえた「人権感覚に富んだ法曹」の養成をめざしています。
なかでも、ますます多様化する現代社会を見据えた法的紛争を重視し、国際化・複雑化する企業活動において生じるさまざまな法的問題の予防や戦略的法務を担う「企業法務に強い法曹」、そして交通事故や医療過誤、建築関係紛争、家事紛争などに係わる「専門訴訟に強い法曹」など、自己の専門分野を確立する能力や新たな課題へ挑戦する志を持つ法曹の養成をめざしています。

入学前から事前教育(プレスクーリング)を実施

法学未修者、既修者にかかわらず、法科大学院で法律を学ぶということについて、マインド、スキルの両面にわたって「入門教育」を行います。

体系的・効果的なカリキュラムでの教育

法科大学院の教育目的を実現するため、入学時から、修了後を見据えた体系的・効果的なカリキュラムによる教育を行います。

少人数教育を徹底

実務を念頭に置いた事例研究、双方向・多方向の授業の実施、内容の高度化が求められる法科大学院の各授業。特に法律基本科目群では2年次(既修者は1年目)からの講義やゼミは徹底した少人数教育を行います。

一人ひとりに学習カルテ・総合所見を作成

成績表のほかに、授業科目ごとに担当教員が個別アドバイスを行う学習カルテを作成。また専任教員全員で組織されたカンファレンス会議(成績分析会議)により、学力診断が行われ、その結果を総合所見としてまとめています。「総合所見」によって指摘された事項を克服することによって、更なる「ステップアップ」をめざします。

指導教員制・オフィスアワーやガイダンスが充実

学生一人ひとりに専任教員が指導教員としてつき、自学自修やそれ以外のことに関して、いつでも相談ができる体制が整えられています。
また、授業科目や勉強方法について「個別指導」を気軽に受けつけるオフィスアワーを開設しています。夏季休暇等の節目にはガイダンスを行い、「長期休暇期間の学習方針・学習計画」を指導します。

アカデミックアドバイザーによる学習支援

院生が自主的に行う勉強会を充実させるため、若手弁護士のアドバイスが受けられる制度。「現役弁護士のアドバイザー」が履修の仕方や学習の方法等に関して実務家の立場から助言します。

東洋大学法科大学院のアカデミックアドバイザー

先端分野の講演会を実施

先端分野の研究者・実務家や著名人の講演会を実施し、国際感覚および人権感覚の育成、複雑化・多様化する「法化社会のトピックス」を知り、視野を広めます。

法曹養成のための教育活動

東洋大学法科大学院には、ディプロポリシーに示した法曹養成を実現するため、さらには、法曹として備えるべき資質、能力の育成、理論と実務の架橋を意識した教育、多様な視点や国際性を持った法曹の育成といった目標の達成のために必要な教育を「授業」の中で具現化できるよう、授業の改革を図る組織が存在します。

その中心がFD会議です。FD(Faculty Development)とは、一般に大学教員組織による授業改革の取組みを指す言葉ですが、東洋大学では、大学全体のFD会議の他に法科大学院のFD会議が存在します。

FD会議では、法科大学院生に毎学期、全科目で実施している授業評価アンケートや相互に行う授業参観の結果をもとに、その教育活動を議論・チェックしたり、試験問題等を検討し、授業の向上・改革を図り、教授会へ提案します。
教授会は、FD会議や各委員会、学年別会議等からあがってくる議案を最終決定する組織です。この教授会の決定をもって、授業の改革や法科大学院生のケアを行います。

このように法科大学院では、教員一人ひとりの努力とともに、FD会議→教授会→授業→授業評価のサークルが繰り返され、よりよい授業が行われるよう、弛まぬ努力を続けています。