1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 法科大学院
  4. 法科大学院の教育課程表

法科大学院の教育課程表

  • English
  • 日本語

シラバス

シラバスは「シラバス照会(ToyoNet-G)」からご覧ください。

教育課程表

法律基本科目はすべて必修とし、専任教員自ら丁寧な教育と指導を行います。集中的・効率的な授業を行うため春学期・秋学期のセメスター制を導入。法曹養成に適応できるよう基礎から応用へと発展し、段階的に修得できるカリキュラムとなっています。

法科大学院カリキュラム(2015年度入学生)

法律基本科目群(合計必要単位数:62単位)

区分(必要単位数)1年2年3年
必修
(58)
憲法Ⅰ  (2) 行政法Ⅰ(2) 行政法演習Ⅰ(2) 
憲法Ⅱ (2)行政法Ⅱ (2)民事法総合演習Ⅰ(2) 
民法Ⅰ(2) 憲法演習Ⅰ(2)    
民法Ⅱ(2) 民法総則・物権演習(2) 
民法Ⅲ (2)民法債権演習Ⅰ (2)
民法Ⅳ(2) 商法演習(2) 
民法Ⅴ (2)民事訴訟法演習 (2)
民法Ⅵ (2)民事訴訟法Ⅰ(2) 
民法Ⅶ (2)民事訴訟法Ⅱ(2) 
商法Ⅰ(2) 刑事訴訟法Ⅰ (2) 
商法Ⅱ (2)刑事訴訟法Ⅱ(2) 
商法Ⅲ (2)刑事法総合Ⅰ (2)
刑法Ⅰ (2) 刑事法総合Ⅲ (2)
刑法Ⅱ(2)    
 (14)(14) (16)(10) (4) 
選択
(4)
刑法Ⅲ (2)民法債権演習Ⅱ (2)刑事法総合Ⅱ         (2) 
法学概論(2) 憲法演習Ⅱ (2)民事法総合演習Ⅱ (2)
      行政法演習Ⅱ (2)
4単位(2)(2)4単位 (4)6単位(2)(4)

法律実務基礎科目群(合計必要単位数:14単位)

区分(必要単位数)1年2年3年
必修
(10)
   法情報調査・法文書作成(2) 民事訴訟実務の基礎(2) 
要件事実論の基礎 (2)刑事訴訟実務の基礎(2) 
裁判法・法曹倫理 (2)   
   6単位(2)(4)4単位(4) 
選択
(4)
   ロイヤリング (2)模擬裁判(2) 
臨床科目 (2)民事実務演習Ⅰ(2) 
   民事実務演習Ⅱ (2)
   刑事実務演習 (2)
   公法実務演習 (2)
   4単位 (4)10単位(4)(6)

基礎法学・隣接科目群(合計必要単位数:4単位)

区分(必要単位数)1年2年3年
選択
(4)
 ※以下の選択科目は1~3年生配当科目とする。 
外国法(英米法)(2) コーポレートガバナンス論(2) 法と経済  (2)
外国法(独法)   (2)財務会計論 (2)法と政治(2)
外国法(仏法)(2)  法と公共政策(2)
法哲学・法思想史 (2)    
8単位(6)(2)4単位(2)(2)6単位 (6)

展開・先端科目群(合計必要単位数:16単位)

区分(必要単位数)1年2年3年
選択
(16) 
         
 ※以下の選択科目は2~3年生配当科目とする。
実務英文契約の法理(2) 企業組織法(公開会社を除く) (2)
企業法務(2) 経済刑法 (2)
金融商品取引法(2) 会社訴訟 (2)
経済法Ⅰ(2) 国際取引法 (2)
倒産法Ⅰ(2) 経済法Ⅱ (2)
国際私法Ⅰ(2) 倒産法Ⅱ (2)
知的財産権法Ⅰ(2) 国際私法Ⅱ (2)
交通事故紛争処理法(2) 知的財産権法Ⅱ (2)
医療過誤紛争処理法(2) 建築関係紛争処理法 (2)
消費者法  (2)家族紛争処理法(2) 
労働法Ⅰ     (2) 民事執行・保全法 (2)
租税法Ⅰ(2) 労働法Ⅱ        (2)
情報法(2) 租税法Ⅱ (2)
刑事政策(2) 少年法 (2)
環境法Ⅰ(2) 環境法Ⅱ (2)
国際公法Ⅰ(2) 国際公法Ⅱ (2)
   64単位(32)(32)

修了までの必要単位数:96単位(既修コースは66単位)

教育課程表のPDFデータはこちら

※()内は単位数を表しています。

※上記単位を修得しても、所定の進級要件・修了要件を満たさない場合には、進級・修了することができません。
※2年修了コース(既修者)については、1年次の法律基本科目30単位が一括して認定され、履修が免除されます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)