1. トップページ
  2. Academics//教育
  3. 法科大学院
  4. 法科大学院修了生によるリレーエッセイ

法科大学院修了生によるリレーエッセイ

  • English
  • 日本語

修了生によるリレーエッセイ   『赤ひげだより』

 「赤ひげだより」は、本学出身弁護士によるリレー・エッセイ企画です。弁護士の仕事の内容やそのやりがいなどを題材にしたエッセイを、不定期にご紹介していきます。なお、本企画名は、「赤ひげ先生」*に由来します。本学法科大学院が「国民の社会生活上の医師」としての法曹養成を目指していることから、ネーミングしました。

  赤ひげ先生: 山本周五郎作「赤ひげ診療譚」の中で江戸時代中期の小石川養生所の町医者、新出去定という名前で登場する人情味豊かな人物です。「赤ひげ診療譚」は、故黒澤明監督によって映画化(「赤ひげ」1965年)されましたので、詳しくは、書籍または映画などをご覧ください。小石川養生所は、現在の小石川植物園の敷地内にありましたので、本学法科大学院のキャンパスからはほど近くにありました。

第一回  福島弁護士編(2010年11月29日掲載)

第二回  小栗弁護士編(2011年2月28日掲載)

第三回  福島弁護士編(2012年7月4日掲載)

第四回  吉野弁護士編(2012年7月24日掲載)

第五回  清水弁護士編(2012年7月30日掲載)

第六回  海堀弁護士編(2012年8月4日掲載)

第七回  杉原弁護士編(2012年9月27日掲載)

第八回  元木弁護士編(2013年2月13日掲載)

第九回 大澤弁護士編(2013年5月7日掲載)

第十回 井上弁護士編(2013年7月24日掲載)

第十一回 中澤弁護士編(2013年9月24日掲載)

第十二回 杉江弁護士編(2014年7月2日掲載)