スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Interdisciplinary New Science//大学院学際・融合科学研究科 >
  5. 2016年度学際・融合科学研究科 修士論文発表会

2016年度学際・融合科学研究科 修士論文発表会

  • English
  • 日本語

2016年度「修士論文発表会」を、バイオ・ナノエレクトロニクス研究センター新棟:Beta, 国際セミナーホールで開催しました。11名の博士前期課程の学生が修士研究の成果を英語で発表しました。
発表の模様は、学際・融合科学研究科とバイオ・ナノエレクトロニクス研究センターで開発している「Web教育プログラム:GEOSET TOYO」からアクセスできます。

なお、学際・融合科学研究科では、「英語による修士論文の執筆」、「英語による修士論文の発表」、「国際シンポジウム:バイオ科学とナノテクノロジーの融合における発表」が修士号取得条件の一つとなっています。

 

名 称: 2016年度学際・融合科学研究科修士論文発表会

主 催: 大学院学際・融合科学研究科

開催日: 2017年2月6日(3月修了生)

 

氏 名題 目
Seiya IshiharaCharacterisation of iron chloride incorporation in a fullerene molecule
Tsukasa Kouno好塩好アルカリ性プロテアーゼの単離と解析
Isolation and characterization of halo-alkaliphilic protease
Toshiki SakuragawaMicrostructures of magnetic particles linked via enzyme molecules and their enzymatic activity under an ac magnetic field
Hideki SasakiFullerene nano-fibers as a cell scaffold
Mizuho SugimotoHyperthermic treatment of cancer cells using carbon-coating magnetic nanoparticles
Tomoki TachikawaDevelopment of an encapsulating technique of metal atoms into fullerene molecules by scattering on solid surfaces
KeisukeToyamaModification of carbon nanowalls for biomedical application
Naoki DobashiHyperthermia treatment of cancer cells using multi-functional iron-containing carbon nanotubes
Takuto NishizawaSynthesis of fullerene nano-fibres via self-assembly for the trapping of biomolecules.
Kyoichiro MATSUMURAFormation of intercellular networks on fullerene nano fibres.

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)