スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Letters//大学院文学研究科 >
  5. 文学研究科哲学専攻 主な研究テーマ

文学研究科哲学専攻 主な研究テーマ

  • English
  • 日本語
哲学専攻
在学生の主な研究テーマ

先輩の研究テーマ紹介 (所属・内容は取材時のものです)

大島正

バフマン石井亮治
疑問が晴れ、知的好奇心が満たされたときの喜びは何事にも代え難い。先生方の広い思想に影響を受け、日々新たな発見が得られます。様々な意見や立場の人と関わることの面白さを知りました。

哲学専攻 博士前期課程2年
大島 正さん

哲学専攻 博士前期課程2年
ザキプール・バフマンさん

哲学専攻 博士後期課程1年
石井 亮治さん

 

  • 私と他者はどのように関わり合うのか
  • ヘーゲル『大論理学』における反省の分析
    ―ヘーゲル『大論理学』「本質論」の研究―
  • 『死生観の研究』
  • フッサール現象学によるフロイトの無意識概念の検討
  • スピノザ『政治論』研究
  • ベルクソンにおける直観概念
  • ヴィトゲンシュタインの哲学
  • 「神の実在証明と確実性」
  • ヘーゲル法学の研究 ―市民社会と国家
  • メルロ=ポンティの言語論
  • マックス=ピカート研究―言葉と連関性をめぐる考察―
  • 『空間の詩学』におけるバシュラールの現象学
  • カント『人倫の形而上学』における法概念の形成について
  • ジェイムズ『根本的経験論』における真理観の考察 ―根源的生を巡る思想の形成と展開―
  • スピノザ『政治論』における自然権と統治権について
  • ショーペンハウアー研究
  • 情動から感情に至る回路についての考察
  • フッサール研究:意識の明証性概念について
  • お金とは何か―ミヒャエル・エンデの現代社会批判
  • ヤーコプ・ベーメ研究
  • アドルノ研究

 

博士後期課程

  • 哲学と科学における「時間」の問題
  • ヒューム認識論の根底にあるものは何か?
  • キルケゴール研究 ~信仰の内在性と超越性をめぐって~
  • 現代資本主義における諸問題の研究
  • ベルクソンにおける知性の役割
  • ヨナス、シェリング哲学と環境倫理
  • 動物と人間 異世界を形作るものは何か
  • 習慣性の形成における現象学的考察
  • 構造主義と言語論