スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Letters//大学院文学研究科 >
  5. 2017年度文学研究科教育学専攻の教員紹介

2017年度文学研究科教育学専攻の教員紹介

  • English
  • 日本語
※この「教員紹介」の内容は2017年4月1日現在のものであり、今後変更となる可能性があります。
※研究指導担当教員欄についての説明
   M…博士前期課程・修士課程の研究指導担当教員
   D…博士後期課程の研究指導担当教員

教員名

教員名ローマ字

職位

研究指導

テーマ

担当教員

斎藤 里美さいとうSatomi Saito教授MDTalis, 移民教育, Oecd, エスノグラフィ, 多文化主義, 日本語教育, コミュニティ, 教員文化, 国際教員調査, 国際研究者交流, 教師教育, 教育改革, 教員政策

榎本 淳子

 

Junko Enomoto

教授

M

成人, 青年期, 情動, 心理学, 心疾患, 心理的特徴, 友人関係, 青年, 社会系心理学, 教育心理学, 先天性心疾患, 自立

緒方 登士雄

 

Toshio Ogata

教授

MD

発達支援, 臨床心理学, スクールカウンセリング, 臨床動作法

桂 直美

 

Naomi Katsura

教授

M

教育方法学・授業研究の質的アプローチ、芸術教育カリキュラム

北澤 俊之北澤俊之先生Toshiyuki Kitazawa准教授〔国内研究〕

教育学, 教科教育学, 美術教育,相互交流, ワークショップ, 美術教育, 教員養成, カリキュラム

吉良 直

 吉良直先生

Naoshi Kira

教授

M

教育改革, ジョン・デューイ, オルタナティブ教育, 民主的学校教育の理念と実践, 比較教育, ティーチング・アシスタント(TA), 将来の大学教員準備(Pff)プログラム, アカウンタビリティ, アメリカ合衆国, 初等中等教育法, 教育スタンダードとテスト, 連邦教育政策

栗原 久

 栗原久先生

Hisashi Kurihara

教授

MD

※D研究指導は2015年度以降入学生のみ履修可

 

経済教育, 社会科, 公民科, 持続可能性, カリキュラム, 農業学習, アメリカ:イギリス:オーストラリア:ドイツ, 社会変化, 経済教育カリキュラム, 経済的な見方や考え方, 金融リテラシー, 公共性, 金融経済倫理, マクロ経済学の不同意, 合意, 政策評価学習, 経済リテラシー, 金融倫理, 多面的・多角的, 税教育, 構造, 体系化

篠崎 信之

 篠崎信之先生

Nobuyuki Shinozaki

教授

MD

交流分析(TA), 臨床心理学, 教育相談

下田 好行

 下田好行先生

Yoshiyuki Shimoda

教授

MD

※D研究指導は2015年度以降入学生のみ履修可

教材開発, 教育方法学, 道徳の指導法, 特別活動の指導法, ホリスティック教育, 新聞活用教育(Nie), 学校図書館活用教育, 児童文学, 教師教育, 持続発展教育(Esd)

関 直規 Naoki Seki教授 教育学,学校開放, 比較社会教育史, シティ・リテラリー・インスティテュート, ロンドン学務委員会, 青年教育, 町内分団, 池園哲太郎, 教養教育, 労務者輔導学級, 東京市連合青年団, 社会教育, 不熟練労働, 成人・コミュニティ教育, リテラリー・インスティテュート

滝川 国芳

 滝川国芳先生

Kuniyoshi Takigawa

教授

MD

※D研究指導は2015年度以降入学生のみ履修可

特別支援教育, 医療福祉学, 病弱・身体虚弱, 発達障害,教育課程, Ict活用

谷口 明子

 谷口明子先生

Akiko Taniguchi

教授

MD

教育心理学, 発達心理学, 特別支援教育, 病弱教育, 質的研究法, 教師教育

長谷川 勝久

 長谷川勝久先生

Katsuhisa Hasegawa

教授

M

模擬授業, 教育実習, 教材バンクシステム, 構造学習法, FD, 数学教育, 教育工学, 教育測定と評価

藤本 典裕

 藤本典裕先生

Norihiro Fujimoto

教授

MD

教育委員会制度史、教員養成・採用制度、教育費負担関係

矢口 悦子

 矢口悦子先生

Etsuko Yaguchi

教授

MD

社会教育, 生涯学習, 成人教育, ジェンダー学習, 青年教育

鈴木 一成鈴木一成先生Issey Suzuki准教授M理科教育, 理科授業デザイン, 科学的な思考・表現に関する学力, 問題解決的な学習活動, 共通感覚, 省察, 教育評価, パフォーマンス評価, ルーブリック

須田 将司

 すだ

Masashi Suda

准教授

MD

※D研究指導は2015年度以降入学生のみ履修可

児童常会, 報徳運動, 母子常会, コミュニティスクール, 石山脩平, 地域教育, 報徳教育, 実力の検討, 福沢プラン, 少年団常会, 地域社会学校, 学校報徳社, 主体的必然性, 戦後初期社会科, 錬成, 教育統制, 地方教育会, 農村地域社会学校, 帝国教育会, 教育会, 教員団体, 教育情報回路, 昭和期, 1940年体制, 教育情報, 日本教育史, 大正期, 近代日本, 児童常会・学校常会, 教育史, 教育学

高野 聡子高野聡子先生Satoko Takano准教授 教育学, 特別支援教育