スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Letters//大学院文学研究科 >
  5. Course of English Communication//文学研究科英語コミュニケーション専攻

Course of English Communication//文学研究科英語コミュニケーション専攻

  • English
  • 日本語

Course of English Communication
英語コミュニケーション専攻

Developing sensibilities as a global citizen through specialized training that is tailored to individual abilities

能力に応じた専門的訓練で、国際人としてのセンスを磨く

鈴木先生

Chair of the Course of English Communication

Masamitsu Suzuki
鈴木 雅光

Click here for a list of faculty members

Message from the Course Chair

We aim to foster advanced English skills grounded in a subjective interest in foreign cultures and communication 

My research explores the history of the English language, along with that of English grammar and dictionaries. It is said that English was a ‘barbarous,indigent,rude’ language until the early 16th century. However, as Great Britain developed, English reached all parts of the world and eventually achieved its present status as a global lingua franca. By reflecting on this history, we are also exploring the marvel that surrounds the English language.

English was propelled to its global status by the publication of an authoritative dictionary by Samuel Johnson and an authoritative grammar dictionary by Robert Lowth in the mid-18th century. Building on Lowth’s dictionary, Lindley Murray’s grammar dictionary is said to have sold 20 million copies globally by the beginning of the 19th century. In this period, people worked hard behind the scenes to contribute to the globalization of English. In Japan, this dictionary was translated as Eibunkagami in 1840, although this was a retranslation from Dutch. Studying the history of the English language, along with that of English grammar and dictionaries, and interpreting historical facts also help us understand the culture and society in terms of the English language and the United Kingdom. The course also simultaneously helps students understand the English language at a deeper level.

The existence of Switzerland at the beginning of the 19th century, which continued to enthrall the English Romantic poets, is another of my research areas. Switzerland now serves as one of Europe’s tourist centers, but the British were actually involved in its establishment as a modern nation. Romantic poets such as Byron and Shelley also contributed significantly to its literature.

Switzerland, located at the center of Europe and attracting a large number of British people, is a fascinating country brimming with romance and blessed with a rich natural environment. Four languages, German, French, Italian, and Romansh, are spoken in a multilingual society where English and many other foreign languages fly back and forth. For those who wish to compare various languages or cultures, Switzerland provides a model case. Language is a fascinating theme steeped in mystery and having limitless possibilities. With English becoming your wings, why not fly off to this country and explore these marvelous possibilities?

Overview of the Course

This course offers highly practical education for developing communication skills and professional abilities through English, the global lingua franca. Along with researchers and educators, we are focusing on educating incumbent professionals and working adults.

Under an extensive curriculum of day and evening classes, students continuously improve their speaking and listening skills while developing the ability to read and understand specialist texts and convey their opinions through writing in a clear and straightforward manner.

Along with improving their English abilities, students conduct research on Japanese and English cultures from both perspectives. We aim to nurture individuals who are also well-balanced human beings.

  • Admission capacity: Master’s program – 10 students; Doctoral program – 5 students
  • Lecture times: Day/Evening (mainly day)
  • Campus: Hakusan
  • Teacher’s license: Senior high (English); Junior high (English)
  • Degree: Master’s program – Master of Arts in English Communication; Doctoral program – Doctor of Letters in English Communication

専攻長メッセージ

異文化とコミュニケーションに対する自覚的な関心に根ざしつつ、高度な英語能力の養成を目指す  

私は、英語史、英文法史、辞書の歴史などを研究しています。16世紀の前半頃まで、「粗野で貧困で野蛮な」言語と言われた英語が、イギリスの発展とともに世界に拡大して行き、今ではグローバルな言語と言われるようになりました。その歴史を振り返ることは、英語の浪漫を語ることでもあります。

英語がグローバル化した理由は、18世紀半ばに、サミエル・ジョンソンによって権威のある辞典が出版されたことと、ロバート・ラウスによって権威のある文法書が出版されたことです。ラウスの文法を引き継いだリンドレー・マレーの文法書は、19世紀初頭にかけて、世界中で2,000万部を売ったと言われています。英語のグローバル化に貢献した陰の功労者が、この時代にいたのです。我が国でもオランダ語からの重訳ですが、1840年に『英文鑑』として訳されています。このような史実を読み解きながら、英語史、英文法史、辞書の歴史を学ぶことは、英語とイギリスの文化や社会を理解することでもあり、同時に英語という言語を深く理解する過程でもあります。

私のもう一つの研究領域として、19世紀初頭、イギリスのロマン派詩人たちを魅了し続けたスイスという国の存在があります。スイスは今やヨーロッパの観光立国として存在していますが、近代的なスイスを作ったのに、イギリス人たちが関与しています。バイロンやシェリーなどのロマン派詩人たちも、文学的な面から大きく貢献しています。

多くのイギリス人を引きつけたヨーロッパの中心に位置するスイスは、豊かな自然に恵まれた浪漫溢れる魅力的な国です。スイスには、ドイツ語、フランス語、イタリア語、及びロマンシュ語の4つの公用語があり、また英語を始めとして外国語がたくさん飛び交う多言語社会です。多言語比較や多文化比較を研究テーマに選ぶなら、そのモデルケースの国です。言葉は限りなくミステリーで魅力的なテーマです。そんな国に英語の翼で飛び立って、浪漫を語ってみませんか。

概要

本専攻は、世界の共通語である「英語」によるコミュニケーション能力と執務能力を習得する、きわめて実用的な大学院です。研究者や教育者を育てるのみならず、在職者や社会人の教育に重点を置いた教育にも力を入れています。

昼夜開講の充実したカリキュラムの中でヒアリングやスピーキングを徹底して繰り返し、専門書を読みこなす力や意見を端的に伝えられる文章力も養成します。

また英語力の向上はもちろん、日英文化を両面から研究。人間的にもバランスのとれた人材の育成を目指します。

  • 入学定員:前期課程10名/後期課程5名
  • 開講時間:昼夜開講(昼間主)
  • キャンパス:白山
  • 専修免許状:高校(英語)/中学(英語)
  • 学位:前期課程 修士(英語コミュニケーション)/後期課程 博士(英語コミュニケーション)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)