スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Letters//大学院文学研究科 >
  5. Course of Indian Philosophy and Buddhist Studies//文学研究科インド哲学仏教学専攻

Course of Indian Philosophy and Buddhist Studies//文学研究科インド哲学仏教学専攻

  • English
  • 日本語
Course of Indian Philosophy and Buddhist Studies
インド哲学仏教学専攻
インドの思想・仏教の叡智を解明する
  
橋本先生写真

インド哲学仏教学専攻長

橋本 泰元
Taigen Hashimoto

教員紹介はこちら

 

Course of Indian Philosophy and Buddhist Studies

Unraveling the ideology of India and the wisdom of Buddhism.

This course covers a b road range of research on Indian philosophy and Buddhist studies as a w hole, from the ideology/culture of ancient, medieval, and present-day India and the Early Buddhism/Mahayana Buddhism that flourished in India and spread to China, Tibet, and Japan, to the Buddhism newly created by incorporating ideas from each region. The primary purpose is to nurture highly educated individuals who want to understand the basics of living Indian philosophy and Buddhism. Participation is not restricted to serious researchers who wish to rigorously investigate the original texts ̶the general public is welcome to join. Come and study together in a research environment where individuals can freely pursue their own questions without being bound to a specific religion.

専攻長メッセージ

長い伝統をもつインド哲学および仏教学を学び自己の「智慧」を磨く 

 市場経済発展にともなう急速なグローバル化が進展しているなかで、現代の地球社会は独自の文化をもった諸民族間の相異も浮き彫りになって来ており、かつてのような大規模な衝突ではないにせよ、各地域で民族あるいは宗教の間の衝突のニュースがマスメデイアを賑わしています。価値観の一元化と、それに抗する諸民族のアイデンティティの衝突ともいえるかも知れません。                         こうした状況のなかで、私たちのインド哲学仏教学専攻は、”人とは如何にしてして生きるべきか”という根本命題を、インド古代から中世にかけて培われ、インドを含めた南アジア、チベットなどの内陸アジア、中国・日本などの東アジア、そして東南アジアに連綿として受け継がれ、各々の民族的・文化的独自性をもつ人々の生きる指針となっている智慧とその体系を真摯に学び、現代の問題として再認識し考究することを目的としています。                                             

本専攻の具体的な研究領域は、インド古代に発生し世界宗教となった仏教の各地域・各時代における思想、そして、仏教を生んだインド古代の諸思想や哲学体系、その後に発展したヒンドゥー教などの思想が中心となります。したがって、仏教の研究を志す学生は、サンスクリト語、パーリ語、古典チベット語、漢文などを学びながら、それらの言語で残されている文献資料を中心に研究することになります。また、インド哲学や文化研究を含めたインド学の研究を志す学生は、サンスクリト語に加えてヒンディー語などの近代インド諸語にも留意しつつ研究することになります。文献研究が中心となりますが、文献に描かれた事象を当該の現地に赴いて実際に見聞し経験して確認する方法も、国際化時代の今日において必要といえます。                                

近年、とみに電子機器の発達によって私たちの研究環境は、情報を獲得しやすい状況になったといえます。しかし、溢れんばかりの情報を取捨選択し、知の体系として提示できるようにするのは、研究主体であるみなさんであることは揺るぎない事実です。それゆえ、私たちの専攻は「インド学や仏教学の分野において、高度の研究能力と豊かな学識と教養を有し、現実社会の諸問題の解決策をも追究して、未来に向けて創造的活動に寄与するための哲学的洞察力を備えた人材を養成することを目的とする」と宣言するのです。 

                                                                                                                       ○教員紹介   ○在校生の主な研究テーマ   ○先輩からのメッセージ   ○シラバス

 

概要

※平成23年4月1日より、「インド哲学仏教学専攻」に名称を変更いたしました。

本専攻では、インド古代・中世・現代の思想・文化、およびインドで開花した初期仏教・大乗仏教、そしてアジア各地域で各々の地域の民族の思考方法により新に構築された仏教にいたるまでの、インド学仏教学全般を広く研究対象にしています。

原典を厳密に追究したいという本格的な研究者ばかりでなく、インド思想や仏教思想を人生の指針にして社会において活躍したいとする高度教養人育成も大きな目標としており、社会人の方々の参加も歓迎しております。                   

特定の宗派にとらわれず、各自が自由に知りたいことを探究できる研究環境で、是非一緒に学んでみませんか。

  • 入学定員:前期課程4名/後期課程3名
  • 開講時間:昼間開講
  • キャンパス:白山
  • 社会人入試:前期課程
  • 専修免許状:高校(公民・宗教)/中学(社会・宗教)
  • 学位:前期課程 修士(文学)/後期課程 博士(文学)