スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Law//大学院法学研究科 >
  5. 法学研究科の目的

法学研究科の目的

  • English
  • 日本語

私法学専攻

高度な実践的法学教育を目指すという大前提の下に、私法学分野における法理論と法実務の研究を通じて、これからの法化社会に相応しい高邁なる人格と識見を備えた人材を養成することを目的とする。

博士前期課程

  • (1)高度な実践的法学教育により、専門的私法学の素養を身につけた専門的職業人を育成する。
  • (2)変動の激しい現代社会にあって、社会人を積極的に受け入れ、リカレント教育を施すことにより、時代の求める私法学の知識を備えた専門的職業人として再び社会に送り出す。
  • (3)主としてアジア諸国から、外国人留学生を積極的に受け入れ、専門的私法学の素養を身につけた専門的職業人として母国で活躍できる人材を育成する。

博士後期課程

「諸学の基礎は哲学にあり」の教育理念にそって、広く社会の諸問題を根底的に考え抜く、私法学分野の専門家を養成し、高度な研究職にふさわしい人材として社会に送り出す。

公法学専攻

高度な実践的法学教育を目指すという大前提の下に、公法学分野における法理論と法実務の研究を通じて、これからの法化社会に相応しい高邁なる人格と識見を備えた人材を養成することを目的とする。

博士前期課程

  • (1)高度な実践的法学教育により、専門的公法学の素養を身につけた専門的職業人を育成する。
  • (2)変動の激しい現代社会にあって、社会人を積極的に受け入れ、リカレント教育を施すことにより、時代の求める公法学の知識を備えた専門的職業人として再び社会に送り出す。
  • (3)主としてアジア諸国から、外国人留学生を積極的に受け入れ、専門的公法学の素養を身につけた専門的職業人として母国で活躍できる人材を育成する。

博士後期課程

「諸学の基礎は哲学にあり」の教育理念にそって、広く社会の諸問題を根底的に考え抜く、公法学分野の専門家を養成し、高度な研究職にふさわしい人材として社会に送り出す。