スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Law//大学院法学研究科 >
  5. Overview of the Graduate School of Law//法学研究科の概要

Overview of the Graduate School of Law//法学研究科の概要

  • English
  • 日本語

Overview

The Graduate School of Law provides opportunities for deeper research in specialized fields of law.

This graduate school is ideal for persons who are aiming to obtain professional and/or vocational qualifications including as licensed tax accountants; persons aspiring to become general public servants or public servants in specific fields such as courthouse personnel and correctional facility instructors; and persons who wish to find employment at private enterprises in their fields of interest. Here, they can improve their expertise and master knowledge and ways of thinking that will be not only helpful for employment examination preparation but also useful in their future professions.

Opportunities are also offered for persons who wish to become university professors in the future and carry out more profound, continual research.

発足から40年もの歴史を持つ本研究科では、「私法学専攻」と「公法学専攻」の2専攻を設けています。
どちらの専攻にも公務員を目指す「公務員コース」を設置するほか、税理士志望者への指導など、各自の目標に合わせた柔軟な大学院教育を実施。徹底した少人数制度により、高い成果を上げているのが特徴です。
なお、「社会人入試」も実施しており、法律に関心を抱く社会人にも広く門戸を開放しています。

特色

現在、本研究科の修了生のうち三十余名が全国の大学で活躍しており、とくにここ数年は国公私立の大学で教職を得たり、中国からの留学生が博士号を取得して自国の大学で教鞭を執るケースが増えています。
教職以外にも、司法試験、税理士試験、公務員試験で多くの合格者を輩出し、着実な成果を重ねています。
また学内の研究会はもちろん、他大学や研究者同士の交流も活発です。互いに刺激し合える環境づくりに努める本研究科で、法学の真髄に触れてください。