スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of International Tourism Management//国際観光学研究科 (2018年4月開設予定) >
  5. アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

  • English
  • 日本語

国際観光学専攻のアドミッションポリシー

国際観光学専攻 (2018年4月開設予定)のアドミッションポリシー(入学者受入れ方針)は次のとおりです。

【博士前期課程】

入学希望者の特性に応じた適切な方法で多様な入学者選抜試験を実施し、筆記試験、面接、書類選考等を通じて、以下の資質や能力を示した者を受け入れる。

国内外の観光学分野における課題に取り組み、改善・解決策を提案するための基礎知識を有する者

観光の現場で求められるニーズに対応するため、英語をはじめとした語学の知識を有する者

観光分野とくにホスピタリティ産業を牽引する経営幹部を目指し、グローバル化による多文化共生社会において文化や経営の哲学を含めて観光実務に携わる能力のある者

国内外における地域づくりや国際観光の発展にかかわる諸問題の解決及び調査研究に自らが意欲的に取り組む意思のある者

 

【博士後期課程】

入学希望者の特性に応じた適切な方法で多様な入学者選抜試験を実施し、筆記試験、面接、書類選考等を通じて、以下の資質や能力を示した者を受け入れる。

国内外の観光産業・観光政策・観光開発のいずれかにおける研究あるいは実践した経験や知識のある者

英語にはじまる国際語を駆使してグローバル観光分野の研究に励み、観光学分野へ成果を還元できる能力のある者

ICTを活用し、複雑化していく社会の動向に常に前向きで研究できる能力のある者

国内外における地域づくりや国際観光の発展にかかわる諸問題の解決及び調査研究に対し、高い志を抱きつつ、自らが意欲的に取り組む意思のある者

持続的な社会の発展のためにこの新しい実証的な学問を追究し、修了後も引き続き研究を発展継続させて行く意欲のある者