スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of International Tourism Management//国際観光学研究科 (2018年4月開設予定) >
  5. Course of International Tourism Management//国際観光学専攻 (2018年4月開設予定)

Course of International Tourism Management//国際観光学専攻 (2018年4月開設予定)

  • English
  • 日本語
Graduate School of International Tourism Management
国際観光学研究科

 

Dr.NakabasamiDean of the Graduate School of International Tourism Management
国際観光学研究科長

Chieko Nakabasami
中挟 知延子

Click here for a list of faculty members
教員紹介はこちら

研究科長メッセージ

観光のプロフェッショナルを養成します

 私達は観光学に関する高度職業専門人の育成に力を注ぎます。インバウンド観光におけるイノベーションを起こせる人材を育て、そして同時に諸外国との国際観光プロジェクトにおいて貴重な架け橋となるエキスパートの養成を目指します。私達と一緒に学んで日本の将来の観光の発展に貢献しませんか。

 

 

Course of International Tourism Management
国際観光学専攻

 Contributing to the development of tourism as one of the few Japanese graduate schools specializing in tourism

数少ない観光専門の大学院として、観光の発展に貢献する

和田先生①Chair of the Course of International Tourism Management
国際観光学専攻長

Naohisa Wada
和田 尚久

Click here for a list of faculty members
教員紹介はこちら

専攻長メッセージ

カリキュラムは、4分野の専門科目と、研究スタートアップ科目を設置

 観光学の学問領域を観光産業分野、観光政策分野、観光文化分野、ホスピタリティ分野の4分野に区分し、学生が自身研究分野に応じて、必要な知識を幅広く修得できるようにしています。

 

概要

 持続可能なグローバル観光を牽引する観光学プロフェッショナル人材を養成するため、国際観光学部を基礎とし、国際観光学研究科を設置します。博士前期課程では、インバウンド観光におけるイノベーションを起こせる画期的な方策を指導できるリーダー、国際的な観光開発プロジェクトにおける日本と諸外国の架け橋を務められる人材を社会に送り出すことを目的とし、博士後期課程では、俯瞰力と独創力を備えた国際観光分野を牽引する能力を習得させ、国内外のグローバル観光や観光開発プロジェクトにおける指導者や、将来の国内外の観光分野に従事する人材を育てる役割を担う教育者、観光学という応用分野の学術的発展に寄与できる研究者を養成します。

  • 入学定員:博士前期課程15名/博士後期課程3名
  • 開講時間:昼夜開講
  • キャンパス:白山
  • 学位:博士前期課程 修士(国際観光学)/博士後期課程 博士(国際観光学)
  • 教育訓練給付制度指定講座:前期課程