1. トップページ
  2. Center for Global Innovation Studies//グローバル・イノベーション学研究センター
  3. The Center for Global Innovation Studies Holds International Symposium, “The Changing Global Order—New U.S.-Japan Relations in the Age of Innovation”//国際シンポジウム「変容する国際秩序-イノベーション時代の新しい日米関係」を開催
MENU CLOSE

The Center for Global Innovation Studies Holds International Symposium, “The Changing Global Order—New U.S.-Japan Relations in the Age of Innovation”//国際シンポジウム「変容する国際秩序-イノベーション時代の新しい日米関係」を開催

  • English
  • 日本語

全体
From 2 p.m. on Wednesday, June 14, 2017, the Center for Global Innovation Studies held its symposium titled “Changing Global Order—New U.S.-Japan Relations in the Age of Innovation” at the Hotel New Otani, welcoming more than of 500 participants from outside the University.

 

福川理事長The symposium began with an opening address by Shinji Fukukawa, chairman of Toyo University. In his address, Mr. Fukukawa stated that having marked its 130th anniversary, the University is currently instituting reforms under the motto “promote globalization and innovation,” and that this symposium is being held in celebration of the full-fledged commencement of the Center for Global Innovation Studies established last year. In addition, he stated, “With global governance currently weakening, we must all consider how the present globalized world should be restructured,” and stressed the need for reorganizing the free trade system, promoting innovation, and increasing efforts by major countries pursuing policies that best accommodate global interests and their national interests. In closing his address, Mr. Fukukawa spoke about education and research pursued at the University, emphasizing the importance of stimulating research aimed at establishing a new global regime designed for such purposes as reforming the present era and promoting world harmony in collaboration with representative organizations and companies.

ゼーリック氏Following the opening address, the keynote speech was delivered by Robert B. Zoellick, previously president of the World Bank and currently non-executive chairman of the board of AllianceBernstein (AB). Mr. Zoellick pointed out the importance of viewing the current world from a historical perspective, saying, “Japan has been a global country interacting with many regions in Asia since the 1300s and has a history of outstanding achievements.” In addition, he touched on the U.S. withdrawal from the Trans-Pacific Partnership agreement (TPP) expressing his thoughts on the possibility of continued international order, saying, “Although the United States withdrew from the TPP, Japan has the potential to provide leadership, and there’s always the possibility that the next president of the United States may announce participation.” In closing, Mr. Zoellick spoke about education in Japan, stating, “The important thing for the future of Japan and the world is that Japanese students study abroad and Japanese schools welcome international students and learn from each other.” Furthermore, Mr. Zoellick said, “Although the world is currently in a fluid and changing situation, Japan and the United States should be able to cooperate as partners with special respect for each other.”

The keynote speech was followed by a panel discussion moderated by Heizo Takenaka, director of the Center, and a panel comprising the following experts: Robert B. Zoellick; Yoshihiko Miyauchi, senior chairman of the Orix Group; Takashi Kawamura, chairman emeritus of Hitachi; and Shinji Fukukawa.
At the beginning of the discussion, Mr. Fukukawa commented on Mr. Zoellick’s basic view presented in his keynote speech on the U.S. Trump Administration. This sparked lively discussion, with all the panelists actively contributing their opinions on how Japan should solve its current issues, primarily focusing on the theme “How should Japan Improve Its Productivity—Particularly in the Tertiary Sector of the Economy?”

竹中 宮内氏川村氏

Mr. Miyauchi pointed out that, to increase wealth throughout the nation, Japan essentially needs to liberalize its “bedrock regulations” (fossilized regulations due to strong political opposition against their removal) and that citizens must embrace the changes that will accompany such deregulation. In addition, he mentioned the need for deregulating labor markets in ways that will create fluidity of labor and liberalize employment practices.
Mr. Kawamura drew attention to the importance of revitalizing society by improving productivity and developing society’s ability to raise money and said that, to do this, we all need to put ongoing efforts in studying how companies can shift toward growth. Furthermore, Mr. Kawamura expressed his thoughts on the recent trend toward working multiple jobs, which he expects will grow further, stating, “It’s a welcome trend not only for workers but also for companies.”
Mr. Fukukawa stressed the importance of creating new market value, cultivating people with a strong will to become entrepreneurs, and using artificial intelligence to create culturally rich markets responsive to society’s diversifying needs, and said that the keys to achieving these goals are one-on-one vocational training and recurrent education.

After the symposium, a reception was held for the presenters, guests, and representatives from organizations and companies, and concluded with great success.

全体平成29年6月14日(水)午後2時より、ホテルニューオータニにて「Changing Global Order─New US-Japan Relations in the Age of Innovation // 変容する国際秩序─イノベーション時代の新しい日米関係」(主催:グローバル・イノベーション学研究センター)と題してシンポジウムを開催、学外より約500名以上の出席者を迎えた。

 

 

 

 

福川理事長開会にあたり、福川伸次理事長より挨拶が行われた。理事長からは、創立130周年にあたり、本学がグローバリゼーションとイノベーションをキーワードに改革を展開していること、また今回のシンポジウムが、昨年設立したグローバル・イノベーション学研究センターの本格的稼動を記念したシンポジウムであることが紹介された。さらに、グローバル・ガバナンスが揺るぎつつある昨今、グローバリズムをいかに再生するかが問われており、自由貿易体制の再構築とイノベーションの加速、さらには主要国において地球益と国益を最適適合する政治探求が重要であることが述べられた。最後に、本学の教育研究活動に触れ、関係機関、関係企業と協力しながら、時代の革新、世界の協調などのニュー・レジームの確立を目指した研究活動推進の重要性が挙げられた。

ゼーリック氏続いて、前世界銀行総裁・アライアンス・バーンスタイン(AB)会長のロバート・ゼーリック氏が基調講演を実施。歴史的観点から俯瞰することへの重要性を指摘し、「日本は1300年代からアジアの世界地域で活躍しているグローバルな国であり、これまで目覚しい足跡を残してきた歴史的背景のある国である。」と述べた。そして昨今米国が脱退を表明したTPP協定を挙げ、「アメリカが脱退したとしても、日本がTPPでリーダーシップをとることはできる。そうした流れの中で次期大統領が、米国のTPP参加を表明することもありうる。」と今後の国際秩序の可能性についても言及した。講演最後では、日本の教育にも触れ、「日本そして世界の将来に向けて重要なことは、日本の学生が海外に出て留学することであり、また海外からの留学生を受け入れ共に学ぶことである。」と語った。そして「今は流動的で変容な時代であるが、日本とアメリカは、尊敬する特別なパートナーとしてお互いに協力し合うことができる。」と述べ、講演を終えた。

竹中

続くパネル討論では、パネリストにゼーリック氏、オリックスグループ シニア・チェアマンの宮内義彦氏、日立製作所名誉会長の川村隆氏、福川伸次理事長を、モデレーターに竹中平蔵センター長を迎え、ディスカッションが行われた。

冒頭、福川理事長より、ゼーリック氏の基調講演で提示された、米国トランプ政権に対する基本的見解についてコメントが出された。これを皮切りに、「日本の生産性(特に第三次産業において)をいかに向上すべきか」をキーワードとした、日本が直面する課題について積極的な意見が各パネリストから提示された。

宮内氏川村氏

 

 

 

 

 

 

宮内氏からは、社会全体の富を上げるために岩盤規制の撤廃が不可欠であること、さらにはそれに伴う変化を国民が受け入れることが重要性であることが指摘された。また併せて、労働者の流動的移動や、雇用の自由化を可能とする労働市場規制緩和の必要性も列挙された。

川村氏からは、生産性を上げ、稼ぐ力をつけながら社会を活性化することが大切であり、そのためには、成長産業へのシフトを実現させるような勉強を繰り返し行うことが必須であるとの意見が提示された。さらに今後増えると予測される兼業労働は、働く本人ばかりではなく、企業にとっても有効となりうるとの見解も示された。

また福川理事長からは、新しい市場価値の創造性と起業家精神の育成の重要性が挙げられ、多様化する需要に対応するためAIを駆使しながら文化性に富んだ市場創出が大切であり、そのためには「1対1型人材教育」や「リカレント教育」がキーとなるとの見解が提示された。

シンポジウム後には、登壇者・招待者・関係者をお招きしたレセプションが行われ、盛況のうちに終了した。