1. トップページ
  2. Center for Global Innovation Studies//グローバル・イノベーション学研究センター
  3. Global Growth Markets: Seeking New Investment Opportunities I Symposium//グローバル・イノベーション学研究センター主催セミナー「新興国の経済発展と投資機会」を開催
MENU CLOSE

Global Growth Markets: Seeking New Investment Opportunities I Symposium//グローバル・イノベーション学研究センター主催セミナー「新興国の経済発展と投資機会」を開催

  • English
  • 日本語

On Monday, April 18, 2016, Toyo University's Center for Global Innovation Studies (GIC) held the "Global Growth Markets: Seeking New Investment Opportunities" Symposium, which was attended by corporate CEOs and CIOs, members of financial institutions and investment specialists.竹中平蔵教授

Toyo University, having created and established a new academic discipline, Global Innovation Studies, founded GIC in January 2016 with the mission of advancing research in innovation theory and methodologies that impact diverse systems within modern global society, as well as methodologies for the cultivation of individuals who will be directly involved in driving global innovation. Professor Heizo Takenaka of the School of Regional Development Studies at Toyo University, currently serves as the GIC Director after his appointment in April 2016.

Within Japan many consider that there is still insufficient understanding regarding the reality of the economies and societies of emerging countries, which are expected to grow even further in the future. With the maturation of the domestic economy, it is of great importance to Japanese businesses to strengthen relations with these countries, invest in them, and take advantage of opportunities to export to them. However, as recent events show there is a sufficient need to heed the risk factors present in these countries. It is with the intention of deepening understanding regarding these points that GIC and The Abraaj Group, a private equity fund management firm, held a symposium with the theme of "Global Growth Markets: Seeking New Investment Opportunities."

Mr. Shinji Fukukawa, Chairman of the Toyo University Educational Foundation, and Mr. Arif Naqvi, CEO of The Abraaj Group, began the symposium with opening addresses, while Professor Takenaka, the Director of the GIC, facilitated the event. Keynote speeches were presented by Dr. John Chipman, Director of the International Institute for Strategic Studies (IISS), and Claudia Zeisberger, Senior Affiliate Professor at the graduate business school INSEAD. Dr. Chipman lectured about the importance of geostrategic due diligence and other topics in his speech on the theme of "Geopolitical Challenges in Business," while Professor Zeisberger spoke on the theme of “Investment Management for Emerging Countries,” and talked about such topics as seeing opportunities for investment in emerging countries through demographic changes.

A discussion session was held at the end of the symposium featuring Mr. Omar Lodhi, Head of Asia for The Abraaj Group, and Professor Zeisberger. There was an active exchange of views and questions from participants regarding the session’s theme of "Case Studies of Private Equity Investment in Emerging Countries—From Lead Generation to Exit—."

チップマン博士クローディア教授オマール・ロディ氏 

(Photos: Left: Dr. John Chipman. Center: Professor Claudia Zeisberger. Right: Mr. Omar Lodhi)

セミナー全体

東洋大学グローバル・イノベーション学研究センター主催セミナー「新興国の経済発展と投資機会」を開催

平成28(2016)年4月18日(月)、東洋大学グローバル・イノベーション学研究センター主催のセミナー「新興国の経済発展と投資機会」を開催し、企業のCEO、CIOの方々をはじめ、金融機関や投資専門家の方々にご参加いただきました。

竹中平蔵教授本学は、グローバル・イノベーション学という学問体系を創造・確立し、国際社会の多様なシステムのイノベーション理論と方法の研究、ならびにグローバル・イノベーション活動を担う人材育成方法の研究を目的に、平成28年1月、グローバル・イノベーション学研究センターを設置。4月からは国際地域学部の教員に就任した竹中平蔵教授がセンター長を務めています。

今後のさらなる発展が期待される新興国の経済社会について、日本ではいまだに十分な実態が把握されていないと考えられており、国内経済が成熟する中、こうした新興国との関係強化、投資、輸出機会の活用は、重要な意味を持っています。一方で近時の状況に見られる通り、新興国についてのリスク・ファクターに対しても十分な留意をする必要があります。そこで、グローバル・イノベーション学研究センターでは、上記についての理解を深めていただくことを目的に、プライベート・エクイティ・ファンドのThe Abraaj Groupの協力の下、 セミナー「新興国の経済発展と投資機会」を開催いたしました。

セミナーは福川伸次理事長およびThe Abraaj Group CEO アリフ・ナクビ氏の挨拶にはじまり、グローバル・イノベーション学研究センター長の竹中平蔵教授が進行を務めました。キーノートスピーカーとして、国際戦略問題研究所(IISS)所長のジョン・チップマン博士から「ビジネスにおける地政学的チャレンジ」というテーマで、地政学的なデューディリジェンス(資産の適正評価)の重要性などについてお話しいただき、経営大学院INSEAD(インシアード)シニア・プロフェッサーのクローディア・ザイスバーガー教授から「新興国への投資マネージメント」というテーマで、人口動態などから見る新興国への投資機会などについて、お話しいただきました。

また、セミナーの最後のThe Abraaj GroupのHead of Asiaオマール・ロディ氏とクローディア・ザイスバーガー教授の対談形式のセッションでは、「新興国におけるPE投資のケーススタディ ―案件発掘からエグジットまで―」について、参加者からの質疑を交えながら積極的な意見交換が行われました。

チップマン博士クローディア教授オマール・ロディ氏

(写真左:ジョン・チップマン博士、中央:クローディア・ザイスバーガー教授、右:オマール・ロディ氏)

セミナー全体