スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Global and Regional Studies//大学院国際学研究科 >
  5. Course of Regional Development Studies//国際学研究科 国際地域学専攻

Course of Regional Development Studies//国際学研究科 国際地域学専攻

  • English
  • 日本語

Course of Regional Development Studies

国際地域学専攻

Exploring solutions to a diversifying range of global issues

多様化していく国際問題の、その対応策を模索する

 

岡本先生

 

Chair of the Course of Regional Development Studies
国際地域学専攻長

Ikuko Okamoto
岡本 郁子

Click here for a list of faculty members
教員紹介はこちら

Interviewはこちら

 

Message from the Course Chair

Nurturing individuals capable of solving a diverse range of regional issues

The 21st century has seen some striking cases of economic development, particularly in Asia and Africa. On the other hand, conflict and poverty still prevails in the present world. Under such changes, relations between developed and developing countries are gradually shifting away from that of unilateral assistance to that of mutual cooperation. As the world undergoes dynamic changes and diversification of relationships in this way, the Course of Regional Development Studies welcomes students who intend to address various regional challenges through their involvement in the field.

Based on the fields of economics, sociology, engineering, political science, and anthropology, the course nurtures individuals with specialized knowledge and skills who are capable of solving various regional challenges and enhancing the attractiveness of these regions. Our students explore fields related to community and regional development, aiming to pursue “regional development” that utilizes the unique features and resources of local areas while maintaining harmony with the natural environment. The outcomes of the research is expected to strengthen the practices of international cooperation and urban and rural development in Japan and overseas.

In today’s borderless society, having extensive knowledge of a specific field is insufficient for individuals who intend to work in the fields of regional development. This course explores the various issues affecting both developed and developing countries including Japan, and both in urban and rural areas. We hope that our students will acquire analytical capabilities that go beyond a single specialization while conducting research in the field. Our faculty members can meet these research needs.

The task of “regional development” is not like “freely painting on a blank canvas.” Moreover, there are no “trump cards” in solving regional challenges. It is necessary to face the problems and identify the solutions in a way that unravels the tangle while respecting the history and culture of specific regions. We welcome students who are eager to develop “specialized skills” grounded in these “capabilities in the field.”

Overview of the Course

  • Admission capacity: Master’s program – 15 students; Doctoral program – 5 students
  • Lecture times: Day/Evening
  • Campus: Hakusan
  • Degree: Master’s program –Master of Regional Development Studies ; Doctoral program – Ph.D. in Regional Development Studies

専攻長メッセージ

地域の多様な諸課題を解決できる人材を養成

 21世紀に入って以降、アジアやアフリカ地域を中心に途上国の経済発展は目覚ましいものがあります。その一方で、紛争や貧困といった従来からの課題もいまだ深刻な影を落としています。そうした中で、先進国と途上国との関係も援助する側とされる側といった一方通行的な関係から、相互に協力して歩む関係へと着実に変化しつつあります。このようにダイナミックな変化を伴いながら多様化する世界で、現場に入って地域の様々な課題に取り組みたいという志をもった皆さんを、本専攻は歓迎します。

 本専攻は、経済学・社会学・工学・政治学・人類学などの専門分野をベースとして、地域の諸課題を現場で解決し、地域の魅力を引き出し磨くことができる専門性を持った人材の育成を行っています。まちづくりや地域発展に関連するフィールドを研究対象とする学生が多く、環境との調和を図りながら地域の特性や資源を活かした「地域づくり」とその持続的な発展の実現を目指しています。そうした研究成果が様々な形での国際協力や国内外の農村・都市開発の実践につながることが期待されます。

 国境を越えたボーダーレスな現代社会では、特定のフィールドに精通しているだけでは、地域づくりの実践の場で活躍できる人材としては不十分です。本専攻では先進国と途上国、日本国内外、都市部と農村部など、あらゆる地域の諸課題を対象とする研究を推進しています。学生のみなさんには、フィールドに入り研究を進めていくなかで特定の専門性を超えた分析能力を身につけていただきたいと思います。本専攻には、そのような研究ニーズに応えられる教員が数多く在籍しています。

 「地域づくり」は、「真っ白なカンバスに自由に絵を描く」ようなものではありません。また、地域の諸課題の解決策に、いわゆる「切り札」は存在しません。目前に山積する問題を受けとめて、地域の歴史や文化などを尊重しながら、絡まった紐をほぐしていくように、着実にひとつずつ成果を積み上げていくことが求められます。そのような「現場力」のある「専門性」の獲得を目指す皆さんを大いに歓迎します。

概要

 様々な課題と可能性を持つグローバルな社会において、国際的な視野のもとで、自律的・持続的な地域の発展に貢献する地域開発リーダーとして、国内外の「地域づくり」に貢献できる高度な専門的能力を有する専門家を養成することを目的として、国際学研究科国際地域学専攻を設置します。

 博士前期課程では、国内外の「地域づくり」に貢献できる高度な専門的能力を有する専門家を養成し、博士後期課程では、国内外の「地域づくり」に貢献できる理論と実践とのバランスが取れた学際的な専門家・研究者を養成します。

  • 入学定員:前期課程15名/後期課程5名
  • 開講時間:昼夜開講
  • キャンパス:白山
  • 学位:前期課程 修士(国際地域学)/後期課程 博士(国際地域学)