スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Engineering//大学院工学研究科 >
  5. 工学研究科の目的

工学研究科の目的

  • English
  • 日本語

機能システム専攻

21世紀の科学技術の飛躍的発展のためには、従来の学部・学科の枠にとらわれない広範な学問分野の連携・協調による「学際融合」が不可欠であるとの認識に立って、広い基盤的な知見を持って先端的な科学技術分野を創造的に切り開くことが出来る人物を系統的・効率的に輩出することを最重点の教育目標としている。

博士前期課程

学際領域に共通の基盤・基礎的学問を主体に、これらの徹底した修得を目的とする。

博士後期課程

博士前期課程で培ったものをさらに伸ばすと共に、研究指導の能力を培うことを目的とする。

バイオ・応用化学専攻

バイオテクノロジーとナノテクノロジーは、21世紀の産業をささえる重要な科学技術である。化学を基礎としてこれらの先端分野で創造的に活躍できる広い知識・柔軟な思考力と行動力・表現力・交渉力を備えた技術者・研究者育成を目的とする。

博士前期課程

専攻の基盤となる基礎科目を充分理解した上で、各応用分野の基礎的知識の理解と最先端技術の修得を目的とする。

博士後期課程

独創的な研究を自ら生み出す自立した研究者の養成を目的とする。

環境・デザイン専攻

状況分析や環境解析から始まって、企画・構想・計画・設計、社会経済評価、社会環境・自然環境への影響評価、対策技術の開発、住民参加の意思決定プロセス、パブリックインボルブメントなど、地域・都市のあるべき姿を論じるところから実現方法のデザインまで、総体的かつ俯瞰的にとらえながら、新しき時代を切り拓いていく研究とそれを担う人材輩出を目標とする。

博士前期課程

実社会での技術システム、事業システム、社会システムなど実践的な知識と体験を得るプログラム等により、社会の要請に応える即戦力を育成する。

博士後期課程

前期課程における分野横断的な知識を前提として、社会基盤資本や構築分野における制御(行政)・解析に関わる研究を行う専門家養成を目的とする。

情報システム専攻

今日の情報社会では、これまでにないテンポで新しい科学や技術が模索され、実用化されている。このような進展の激しい情報社会では、知識教育から問題解決能力に重点を置き、5つの分野、計算機、情報処理、ソフトウェア工学、通信・基礎、計算機支援設計をバランスよく教育し、情報化社会の発展に貢献できる人材育成を目標とする。

博士前期課程

システム設計、解析、シミュレーションなどを基本とする教育・研究において、情報技術応用に関し問題解決能力を育成することを目的とする。

博士後期課程

ネットワークは人間に関するテーマなどで、これまでの個別な領域での定義・抽象化では解けない多面的、多元的な開放系の問題にも対応できる者の育成を目的とする。