スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Engineering//大学院工学研究科 >
  5. Overview of the Graduate School of Engineering//工学研究科の概要

Overview of the Graduate School of Engineering//工学研究科の概要

  • English
  • 日本語

Overview

The Graduate School of Engineering offers four courses: Course of Intelligent Material and Mechatronics Systems, Biological Applied Chemistry, Environmental System Planning and Space Design, and Open Information Systems. These programs uphold three principles, namely, progressiveness, which undertakes advanced research programs and pursues forward-looking research, openness, which removes walls between organizations and people, and flexibility, which underpins consistent courage to make changes. This graduate school cultivates the ability to create products with abundant potential through advanced creative research programs.

概要

4つの専攻からなる本研究科の理念は、「先進性」「開放性」および「柔軟性」という言葉で表現できます。先進性は「先端的な研究」を担うという意味と、「先見性のある研究」を進めるという意味を含んでいます。
また開放性は、組織や人間の壁を取り除いていく、すなわち専攻間の壁、教員同士の壁、院生間の壁を低くしていこうということです。
研究は個人が核であり、切磋琢磨し合う競争的環境の中で発展することはいうまでもありません。しかし同時に新しいものは境界から、いわば融合によって生まれます。
他専攻・外部との共同作業を活発にすることは、研究を加速させるための手段です。そしてこれにより、外部資金獲得のチャンスもより一層高まると思うのです。
最後に柔軟性ですが、これは変える勇気を持ち続けることです。教育にしろ、研究にしろ、時代の変化とともに急速に変化しています。ベストと思っていたものがそうでないと悟ったときには、思い切って変えていく意志を持つということも大切です。このような理念のもと、本研究科はさらなる研究と教育に邁進したいと考えています。