スマートフォン向け表示
  1. トップページ >
  2. Academics/教育 >
  3. Graduate School/大学院 >
  4. Graduate School of Economics//大学院経済学研究科 >
  5. 経済学研究科の目的

経済学研究科の目的

  • English
  • 日本語

経済学専攻

経済学分野における総合的な学識と理論・実証・応用面での高度な研究能力を養い、また、高度専門職に必要な能力を育成することにより、構造変革が進められつつある現今の社会経済で貢献活躍できる人材を育成する。

博士前期課程

経済学に関する標準的な学力と論文作成力を習得させ、経済学に関する高度で総合的な学識と理解力を備えた研究者を養成し、さらに実社会で必要とされる技能・知見を存分に発揮して社会に貢献できる高度職業人(プロフェッショナル)を養成する。

博士後期課程

将来、研究者として自立し、大学および他の研究機関において研究活動を継続する上で必要とされる、あるいはより高度の専門職に就くための、いっそうの研究能力と専門性、およびその基礎となる学識を前提に、より個別・専門領域における研究能力の開発を教育目的とする。

公民連携専攻

修士課程

「公」、「民」双方の立場の社会人等を対象に、公民連携・地域再生の論点を具体的に考案しつつ、「公」と「民」双方の行動原理を理解し連携を円滑に進めうる人材の養成を行う。