MENU CLOSE

【大学院生対象】ユニセフ現地事務所派遣事業 参加者募集!

  • English
  • 日本語

【大学院生対象】
ユニセフ現地事務所派遣事業(海外インターンシップ)
参加者募集!

 

(公財)日本ユニセフ協会では、国際協力人材養成プログラムの一環として、国際協力・社会開発・子どもの人権などに関する研究を行っている大学院生をユニセフ現地事務所に派遣する、海外インターンシップへの参加者を募集しています。

☆詳細は(公財)日本ユニセフ協会のホームページをご覧ください。

http://www.unicef.or.jp/inter/inter_haken.html

募集要項はこちら↓

2014年度募集要項 [PDFファイル/249KB]

 

 

 

ユニセフ現地事務所派遣事業

 

【目的】

国際協力に関わる研究を行っている大学院生に、ユニセフ現地事務所での子どものための調査・研究・援助等の実務実習の機会を提供することにより、特に子どもの分野を中心に日本人の顔の見える国際協力を担う若手の人材を養成し、開発途上国での子どもの基本的人権の実現に寄与するものです。

 

【実習期間・時期】

2015年6月~12月の間で、最低10週間、最大16週間(相談の上調整)

 

【応募資格】

1.日本国籍を融資、応募時に国際協力・社会開発・人権等の分野において子どもの福祉に関わる研究をする修士課程または博士課程の大学院在籍者。

2.TOEIC900点以上、IELTS7.0以上、TOEFL iBT100点/PBT600点以上のいずれかが必要となります。

 

【派遣人数】

応募者より、6~8名程度を派遣

 

【受入機関】

東アジア、南アジア、東南アジア、中央アジアおよびアフリカ諸国のユニセフ現地事務所を予定(変更となる可能性もあります)。

 

【実習内容】

基本的に専攻分野に関するプロジェクトに配属され、特定のスタッフ、或いはグループの指導の下に、プロジェクトの計画、実施、評価等の作業に加わります。(具体的な内容は本人の専攻分野・経験と派遣先の業務により、赴任前に定めます。)

 

【応募方法】

(公財)日本ユニセフ協会のホームページより応募書類をダウンロード、必要書類を揃えて(公財)日本ユニセフ協会へ郵送してください。

 

【応募締切】

2014年10月24日(金) 17時00分協会必着

 

☆詳細は(公財)日本ユニセフ協会のホームページをご覧ください。

http://www.unicef.or.jp/inter/inter_haken.html

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)